阿弥陀経 その1
  
  佛説「阿彌陀經」
  (ぶっせつあみだきょう)
          姚秦三藏法師鳩摩羅什奉詔譯
          (ようしんさんぞうほっしくまらじゅうぶしょうやく)
 現代語訳へ

  如是我聞(にょぜがもん)
  一時佛在、舎衛國、(いちじぶつざいしゃえこく)
  祇樹給孤獨園、(じゅぎっこどくおん)
  與大比丘衆千ニ百五十人倶、(よだいびくしゅせんにひゃくごじゅうにんぐ)
  皆是大阿羅漢、(かいぜだいあらかん)
  衆所知識、(しゅしょちしき)
  長老舎利弗、(ちょうろうしゃりほつ)
  摩訶目健連、(まかもくけんれん)
  摩訶迦葉、(まかかしょう)
  摩訶迦旃延、(まかかせんねん)
  摩訶倶晞羅、(まかくちら)
  離婆多、(りはた)
  周利槃陀伽(しゅりはんだか)
  難陀、(なんだ)
  阿難陀、(あなんだ)
  羅喉羅、(らごら)
  僑梵波提、(きょうぼんはだい)
  賓頭盧頗羅堕、(びんずるはらだい)
  迦留陀夷、(かるだい)
  摩訶劫賓那、(まかこうひんな)
  薄拘羅、(はっくら)
  阿兔樓駄、(あぬるだ)
  如是等諸大弟子、(にょぜとうしょだいでし)
  并諸菩薩摩訶薩、(びょうしょぼさつまかさつ)
  文殊師利法王子、(もんじゅしりほうおうじ)
  阿逸多菩薩、(あいつたぼさつ)
  乾陀訶提菩薩、(けんだかだいぼさつ)
  常精進菩薩、(じょうしんじんぼさつ)
  與如是等諸大菩薩、(よにょぜとうしょだいぼさつ)
  及 釋提桓因等、(しゃくだいかんいんとう)
  無量諸天大衆倶、(むりょうしょてんだいしゅうく)

  爾時、(にじ)
  佛告長老舎利弗、(ぶつこくちょうろうしゃりほつ)
  從是西方、(じゅうぜさいほう)
  過十萬億佛土、(かじゅうおくまんのくぶつど)
  有世界、(ゆうせかい)
  名曰極樂、(みょうわくごくらく)
  其土有佛、(ごどうぶつ)
  號阿弥陀、(ごうあみだ)
  今現在説法、(こんげんざいせっぽう)
  舎利弗、(しゃりほつ)
  彼土何故、(ひどがこ)
  名爲極樂、(みょういごくらく)
  其国衆生、(ごこくしゅじょう)
  無有衆苦、(むうしゅうく)
  但受諸樂、(たんじゅしょらく)
  故名極樂、(こみょうごくらく)
  又舎利弗、(うしゃりほつ)
  極樂國土、(ごくらくこくど)
  七重欄楯、(しちじゅうらんじゅん)
  七重羅網、(しちじゅうらもう)
  七重行樹、(しちじゅうぎょうじゅ)
  皆是四寳、(かいぜしほう)
  周市圍繞、(しゅうそういにょう)
  是故、(ぜこ)
  彼國名曰極樂、(ひこくみょうわつごくらく)
  又舎利弗、(うしゃりほつ)
  極樂國土、(ごくらくこくど)
  有七寶池、(うしっぽうち)
  八功徳水、(くどくすい)
  充満其中、(じゅうまんごちゅう)
  地底純以、(ちたいじゅんに)
  金沙布地、(こんしゃふじ)
  四邊階道、(しへんかいどう)
  金銀瑠璃、(こんごんるり)
  玻黎合成、(はりごうじょう)
  上有褸閣、(じょううろうかく)
  亦以金銀瑠璃、(ふくいこんごんるり)
  玻黎車渠赤珠瑪瑙、(はりしゃこしゃくしゅめのう)
  而嚴飾之、(にごんじきし)
  池中蓮華、(ちちゅうれんげ)
  大如車輪、(だいにょしゃりん)
  青色青光、(しょうしきしょうこう)
  黄色黄光、(おうしきおうこう)
  赤色赤光、(しゃくしきしゃくこう)
  白色白光、(びゃくしきびゃくこう)
  微妙香潔、(みみょうこうけつ)
  舎利弗、(しゃりほつ)
  極樂國土、(ごくらくこくど)
  成就如是功徳荘嚴、(じょうじゅにょぜくどくしょうごん)


  (現代語訳)

   わたしはこんな風にききました。
   
   ある時お釈迦さまは祇園精舎にいらっしゃって
   1250人のお弟子さんと一緒だったそうです。
   みんなそれはもうすばらしい方ばかりで、
   人様から一目おかれる、そんな方達です。
   当然、長老の舎利弗さんをはじめとして
   十六人の大弟子さんも一緒でした。

   (ここで延々と名前を書き連ねますと、
   読んでいる方も、書いているわたくしも
   嫌になりますので省略します。)

   その他にも文殊菩薩さんを初め、たくさんの菩薩さん
   帝釈天、初め様々な神仏
   われわれの様な大衆も一緒だったそうです。

   そんな場面を想像してくださいね。

     ちょうどそのときでした。
     お釈迦さまは長老の舎利弗さんにお話になりました。
 
     「ここから西の方、そうじゃ
     十万億光年ぐらい離れたとこに
     別世界があって、そこをゴクラクと呼んでおる。
     そこにはアミダさんという仏がおるのじゃ。
     今このときも説法におおわらわかもしれない。
     舎利弗よ
     お前さん、なんでその別世界をゴクラクなんていうのか知っておるか?
     その国の住民はこっちの世界と違って
     なんの苦しみもないからじゃ。
     今ごろもゲートボール、温泉、初め
     いろんな楽しみを受けている。
     それだからこそ、ゴクラクというのじゃ。」

     「まあ信じられないかもしれないが
     舎利弗よ
     そのゴクラクには
     七重の手すりと七重の網と七重の並木があり
     ばあちゃんがころんで、こちらの世界に舞い戻る事はない。
     しかもそれがみな金・銀・瑠璃・水晶でできている。
     ビルゲイツもびっくりじゃ
     だからこそゴクラクというのじゃ。」

     「驚くのはこれからじゃ
     舎利弗よ
     ゴクラクには七宝の池があり
     八つの効能がある八功徳水がこんこんと涌き出ている。
     池の底は金の砂で
     池に通じる道すら
     金・銀・瑠璃・水晶でできている
     これには11PMの温泉ギャルもびっくりじゃ。
     その道を登っていくと
     頂上には楼閣があり
     これまた七宝でできている。
     池の中には蓮華の花、大きさがベンツの車輪ぐらいあり
     青色の花は青い光を放ち
     黄色の花は黄い光を放ち
     赤色の花は赤い光を放ち
     白色の花は白い光を放ち
     それぞれがなんともいえない素敵な香りじゃ
     舎利弗や
     ゴクラクはとても功徳のある見事な配置で
     葬儀の祭壇など及びもつかない
     見事な荘厳なのじゃよ。」


仏教について最初のページへ
葬儀・生花・花環・本郷金子商店ホームページTOPへ