般若波羅蜜多心経

 現代語訳(適当です)へ

  観自在菩薩  (かんじざいぼさつ)
  行深般若波羅蜜多時  (ぎょうじんはんにゃはらみつたじ)
  照見五蘊階空  (しょうけんごうんかいくう)
  度一切苦厄  (どいっさいくやく)
  舎利子  (しゃりし)
  色不異空  (しきふいくう)
  空不異色  (くうふいしき)
  色即是空  (しきそくぜくう)
  空即是色  (くうそくぜしき)
  受想行色  (じゅそうぎょうしき)
  亦腹如是  (やくぶにょぜ)
  舎利子  (しゃりし)
  是諸法空相  (ぜしょほうくうそう)
  不生不滅  (ふしょうふめつ)
  不垢不浄  (ふくふじょう)
  不増不減  (ふぞうふげん)
  是故空中  (ぜこくうちゅう)
  無色無受想行識  (むしょくむじゅそうぎょうしき)
  無限耳鼻舌身意  (むげんにびぜつしんい)
  無色声香味触法  (むしきしょうこうみそくほう)
  無眼界乃至無意識界  (むげんかいないむいしきかい)
  無無明  (むむみょう)
  亦無無明尽  (やくむむみょうじん)
  乃至無老死  (ないしむろうし)
  亦無老死尽  (やくむろうしじん)
  無苦集滅道  (むくしゅうめつどう)
  無智亦無得  (むちやくむとく)
  以無所得故  (いむしょとくこ)
  菩提薩捶  (ぼだいさった)
  依般若波羅蜜多故  (えはんにゃはらみつたこ)
  心無罫礙  (しんむけいげ)
  無罫礙故  (むけいげこ)
  遠離一切顛倒夢想  (おんりいっさいてんとうむそう)
  究竟涅槃  (くきょうねはん)
  三世諸仏  (さんぜしょぶつ)
  依般若波羅蜜多故  (えはんにゃはらみつたこ)
  得阿耨多羅三藐三菩提  (とくあのくたらさんみゃくさんぼだい)
  故知般若波羅蜜多  (こちはんにゃはらみつた)
  是大神咒  (ぜだいじんしゅ)
  是大明咒  (ぜだいみょうしゅ)
  是無上咒  (ぜむじょうしゅ)
  是無等等咒  (ぜむとうどうしゅ)
  能除一切苦  (のうじょいっさいく)
  真実不虚故  (しんじつふここ)
  説般若波羅蜜多咒  (せつはんにゃはらみつたしゅ)
  即説咒曰  (そくせつしゅわつ)
  羯諦  (ぎゃてい)
  羯諦  (ぎゃてい)
  波羅羯諦  (はらぎゃてい)
  波羅僧羯諦  (はらそうぎゃてい)
  菩提薩婆訶  (ぼじそわか)
  般若波羅蜜多心経  (はんにゃはらみつたしんきょう)



  般若心経がわけわからなくなるのは
  いろんな人がそれぞれの解釈で解説するからです。
  わたしも理解しているとは言えません。
  これは、「悟った人が書いている悟りの境地」だから
  凡人の私にはとても理解できません。
  ですから
  これを説教くさくないものにとおもって
  以下の訳をつくりました。

  観音さまは
  そりゃまあ大変な修行をされまして
  はっと気づきました。
  それまでこだわってきた
  お金、性欲、食欲、自家用ジェット、広島カープ、時価総額世界一の会社
  こんなもんはすべて実態のない「空」であると
  そしたらつきものがとれてふっと軽くなりました。
  おもわず、留置所で進言しました。

  ホリエモンよ
  いろんな事、いろんな物はこれは「空」ではない。
  「空」はいろんな事、いろんな物ではない。
  しかしここが手品みたいなんだが
  いろんな事、いろんな物はやはり「空」でもあり
  「空」はいろんな事、いろんな物であるんだよ。
  (空=0のような感じが消えました
   それは「空」としか表現できないものなのでしょうか?)

  われわれの心にぽんぽん浮かんでくる
  いろんな心、欲望、意思、知識、
  これすら「空」だ。

  だからホリエモンよ
  すべての現象は「空」としかいえないから
  生まれる事もなければ死ぬ事もない
  きたない仕事などないしきれいな仕事もない
  お金など実は
  増えもしなければ減りもしない
  だから
  「空」のなかには肉体、物質、感覚、想念、意欲、自我
  など入っていないんだ。
  眼も耳も鼻も舌も体もありゃせん
  色も声も香りも味も触れるものすりゃありゃしない
  つまり見えるものから思いつくものまで
  なんにもありゃせん。
  
  (永田町に飛んで)
  小泉さんよ
  お前さんのような無智もなく
  だからといってお前さんのような無智が尽きることもない
  お年寄りの自己負担額があがったって
  老いや死がない
  いやいや老いも死も実際は尽きる事はない
  (これも否定の否定ですね・・・。)
  一般庶民の苦悩もなければ
  それを解決する方法すらない
  知ったとういう事もなければ
  得たという事もない。
  本来得るべき事などなにもないんじゃ

  ホリエモンと小泉さんよ
  菩薩さんは
  これがわかっているんじゃ
  心の中にはなんのコダワリもない
  コダワリがないということは恐怖がないということだ。
  だからこんな変な訳で目くじらを立ててはいけない。
  すべての妄想からトリップして
  ”ニルバーナ”に安住しておる。
  三世の諸仏もこのすばらしい法則を確認し
  ”アノクタラサンミャクサンボダイ”という凡人には理解できない
  ”完全な悟り”をゲットしたのだ。

  いまこそこの叡智をゲットすべきだ
  それは最も神秘的な呪文
  光輝ある呪文であり
  とにかく最高の呪文で
  けして「パルプンテ」などというものではない
  この呪文が一般ピープルの苦悩を
  そりゃ間違いなくとっぱらってくれるじゃろうから
  2人で唱えなさい

  「ぎゃーてぇい、ぎゃーてぇい、はらぎゃーてぇい
  はらそうぎゃーてぇい、ぼーじーそわかー」

  呪文には意味など無い
  唱える行為が大事だと
 
  そんでもってこの般若心経もおしまいじゃ


仏教について最初のページへ
葬儀・生花・花環・本郷金子商HOMEへ