観音経 その1
  
  妙法蓮華経觀世音菩薩普門品第二十五
  (みょうほうれげきょうかんぜおんぼさつふもんぼんだいにじゅうご)

  爾時(にじ)
  無盡意菩薩(むじんにぼさ)
  即従座起(そくじゅうざき)
  偏袒右肩(へんだんうけん)
  合掌向仏(がっしょうこうぶつ)
  而作是言(にさぜごん)
  世尊觀世音菩薩(せそんかんぜおんぼさ)
  以何因縁(いかいんねん)
  名觀世音(みょうかんぜおん)
  佛告無盡意菩薩(ぶつごうむじんにぼさ)
  善男子(ぜんなんし)
  若有無量百千萬億衆生(にゃくうむりょうひゃくせんまんのくしゅじょう)
  受諸苦惱(じゅしょくのう)
  聞是觀世音菩薩(もんぜかんぜおんぼさ)
  一心稱名(いっしんしょうみょう)
  觀世音菩薩(かんぜおんぼさ)
  即時觀其音聲(そくじかんごおんじょう)
  皆得解脱(かいとくげだつ)
  若有持是觀世音菩薩名者(にゃくうじぜかんぜおん)
  設入大火(せつにゅうだいか)
  火不能焼(かふのうしょう)
  由是菩薩威神力故(ゆぜぼさいじんりきこ)
  若為大水所漂(にゃくだいすいしょひょう)
  稱其名號(しょうごみょうごう)
  即得淺處(そくとくせんじょ)


  (和訳)

  爾の時に、無盡意菩薩、即ち座より起ちて偏に右の肩を袒にし、
  掌を合せ佛に向いたてまつりて是言を作さく。
  世尊、観世音菩薩は何の因縁を以ってか観世音とは名づくる。
  佛、無盡意菩薩に告げて曰はく、
  善男子、もし無量百千万億の衆生ありて、
  諸の苦悩を受んに、是の観世音菩薩を聞いて、
  一心に称名せば、観世音菩薩、
  即時に其の音聲を観じて、
  皆解脱することを得せしむ。
  若し是の観世音菩薩のみ名を持する者あらば、
  設え大火に入るとも、火も焼くこと能わず、
  是の菩薩の威神力によるが故に。
  若し大水のために漂わされんに、
  其の名号を称えれば、即ち浅き処を得ん。


  (解説と現代語訳)

  観音経では
  とても信じられない事が次次とおこります。
  現代科学の洗礼を受けた
  この私などもこれは
  地球外生命体以外不可能な事とおもってしまいます。
  「観音さま!」=「南無観世音菩薩」
  と唱えるとどこからともなく現われ、
  様々な災難、身を滅ぼす三毒から救ってくれたり
  子供を授かったり、とにかくすごい。
  その身は変化自在で
  ぱぱっと飛んできてくれます。

  書いてある事を素直に読めば
  これはとても信じられる話ではありません。

  ですけれど、「日本人」は観音信仰をやめません。
  これにはどのような理由があるのか?
  これからすこしずつ考えながら現代語訳を書いていきたいと思います。

   ちょうどそのときでした。
   無盡意菩薩(むじんいぼさつ)は、
   大勢の聴衆からたちあがり、
   右肩の袈裟をちょっぴりさげ、(当時のインドの礼儀)
   お釈迦さんにむかって合掌し、
   このように聞きました。

   「お釈迦さん、観世音菩薩(かんぜおんぼさつ)さんは
   どうして、どのような理由で
   観世音という名前がついているのですか?」
  
   お釈迦さんはその訳を説明しました。

   「まじめな無盡意菩薩よ
   もしガンジス河の砂の粒ほど
   とてもとても数えきれない百千万億の人々が、
   いろんな悩み、様々な障害を受けていたとしてみる。
   そんな中でだれかが観世音菩薩の噂を聞いて、
   それじゃ、一心に”南無観世音”と称えたとする。
   そうすると、観世音はすぐその声を聞き
   その場にかけつけ、百千万億の人々を救う
   力があるからだよ。」

   「もしこの観世音菩薩の存在を
   心の中で確信している者がいたとする。
   その人はどんなに大火事の現場にいようとも、
   火の方が逃げていき、けして火傷などしない。
   これも観世音菩薩の素晴らしい力じゃ。」

   「その人がもし、大洪水でながされたとしても、
   その名前を一心にとなえると
   なんと自然と足がつく所にいるわけじゃ。」

最初のページへ
ホームページTOPへ