金比羅さま

文京区金比羅宮
金比羅宮東京分社

金毘羅(こんぴら)さまはまさに「神」であり「仏」です。金毘羅大権現(こんぴらだいごんげん)、仏さま菩薩さまが日本の神様の姿になってあらわれたのが「権現さま」、江戸時代までは各地の寺社には、仏であり神である「権現」がまつられていたのです。神と仏は混沌として、1868年の「神仏分離令」までは仲良く共存していました。

金毘羅さまはもともとヒンドゥー教のクンビーラワニの神様で、それが薬師如来の守護神「十二神将」のなかの宮毘羅(ぐびら)大将になり、日本では金毘羅=わに=水の関連から、海上安全の神としてだんだん信仰されるようになり、お伊勢参りとならんで「金毘羅参り」は庶民の信仰をあつめます。

現在の香川県琴平町の金刀比羅宮がその総本宮です。

民謡  金毘羅船々(こんぴらふねふね)

こんぴら  船々  追い手ほかけて
しゅら  しゅ  しゅ  しゅ
まわれば四国は  讃州(さんしゅう)那珂の郡(なかのごおり)
象頭山(ぞうずさん)金毘羅大権現
一度まわれば

こんぴら  御山(みやま)の青葉のかげから
きら  ら  ら  ら
金の御幣(ごへい)の光がちょいとさしゃ
街道は雲霧  晴れわたる
一度まわれば

阿波の殿様  蜂須賀(はちすか)さまだよ
しゅら  しゅ  しゅ  しゅ
わたしゃ  あなたの  そばそばそばだよ
ほんとに  金毘羅大権現
一度まわれば

こんぴら  石段  桜の真盛り(まさかり)
きら  ら  ら  ら
振袖島田がさっさと上がる
裾には降りくる  花の雲
一度まわれば

四国  名物  後生楽躍り(ごしょうらくおどり)を
しゅら  しゅ  しゅ  しゅ
踊らにゃ損だよ  夜明けのからすが
鳴くまで踊ろよ  阿波踊り

金子商店問合せフォームへ 0120-18-7837までお電話ください

どんなご質問でも・どんな依頼でも・早朝でも・深夜でも
ご遠慮なさらず金子商店までご連絡ください
創業120年  本郷金子商店株式会社は365日24時間年中無休です

仏教について最初のページ<この(金比羅さま)ページTOPへ>

葬儀生花・ご供花のご注文

各斎場へご供花を FAXで注文

金子商店火葬のみセット

火葬のみの葬儀をご希望の方

あんしんセット・マイパック

あんしんとてもお得なセットです

社長のブログ

毎日更新しています

Contents

会社案内

料金のご案内

葬儀の心得

葬儀式場案内

区民葬のご案内

神葬祭

仏教について

文京区民のページ

社葬

if共済会

個人情報

お墓

リンク(感謝)