大樂金剛不空眞實三摩耶經 般若波羅蜜多理趣経
  
  大樂金剛不空眞實三摩耶經 般若波羅蜜多理趣経
  大興善寺三藏沙門大廣智不空奉詔譯

  通称:理趣経
  
  如是我聞 一時薄伽梵 (じょしがぶん いっしふぁきゃふぁん)
  成就殊勝 一切如來 (せいしゅしゅしょう いっせいじょらい)
  金剛加持 三摩耶会 (きんこうかち さんまやち)
  已得一切 如來灌頂 (いとくいっせい じょらいかんでい)
  寶冠爲 三界主 (ほうかんい さんかいしゅ)
  已證一切 如來一切 (いしょういっせい じょらいいっせい)
  智智 瑜伽自在 (ちち ゆきゃしさい)
  能作一切 如來一切 (のうさくいっせい じょらいいいせい)
  印平等種種 事業 (いんぺいとうしょうしょう しぎょう)
  於無盡 無餘一切 (よぶしん ぶよいっせい)
  衆生界一切 意願作業 (しゅうせいかいいっせい いげんさくぎょう)
  皆悉圓滿 常恆三世一切 (かいしってんまん しょうこうさんせいいっせい)
  時身語意業 金剛大毘盧遮那如來 (ししんぎょいぎょう きんこうたーいひろしゃだじょらい)
  在於欲界他化 自在天王宮中 (さいよよっかいたか しさいてんのうきゅうちゅう)
  一切如來 常所遊處 (いっせいじょらい しょうそゆうしょ)
  吉稱歎 大摩尼殿 (きっしょうしょうたん たいまじてん)
  種種闕 鈴諸ヲ鐸 微風徭撃 (しゅじょうかんさく れいたくそうばん びふうようげき)
  珠鬘瓔珞 半滿月等 而爲莊嚴 (しゅまんえいらく はんまんげっとう じいそうげん)

  與八十倶 胝菩薩衆倶 所謂 (よはっしゅうく ちほさっしゅう くそい)
  金剛手菩薩 摩訶薩 (きんこうしゅほさん ばかさ)
  勸自在菩薩 摩訶薩 (かんしさいほさん ばかさ)
  虚空藏菩薩 摩訶薩 (きょこうそうほさん ばかさ)
  金剛拳菩薩 摩訶薩 (こんこうけんほさ ばかさ)
  文殊師利菩薩 摩訶薩 (ぶんじゅしりほさん ばかさ)
  纔發心轉法輪菩薩 摩訶薩 (さいはっしんてんぼうりんほさん ばかさ)
  虚空庫菩薩 摩訶薩 (きょこうこほさん ばかさ)
  摧一切魔菩薩 摩訶薩 (さいいっせいまほさん ばかさ)
  與如是等 大菩薩衆 (よじょしとう たいほさっしゅ)
  恭敬圍繞 而爲説法 (きょうけいいじょう じいせっぽう)
  初中後善 文義巧妙 (そちゅうこうせん ぶんぎこうびょう)
  純一圓滿 C淨潔白 (しゅんにちえんまん せいせいけっぱく)

  説 一切法C淨句門 所謂 (せ いっせいほうせいせいくもん そい)
  妙適 C淨句 是菩薩位 (びょうてき せいせいく しほさい)
  慾箭 C淨句 是菩薩位 (よくせん せいせいく しほさい)
  觸 C淨句 是菩薩位 (しょく せいせいく しほさい)
  愛縛 C淨句 是菩薩位 (あいはく せいせいく しほさい)
  一切自在主 C淨句 是菩薩位 (いっせいしさいしゅ せいせいく しほさい)
  見 C淨句 是菩薩位 (けん せいせいく しほさい)
  適ス C淨句 是菩薩位 (てきえつ せいせいく しほさい)
  愛 C淨句 是菩薩位 (あい せいせいく しほさい)
  慢 C淨句 是菩薩位 (まん せいせいく しほさい)
  莊嚴 C淨句 是菩薩位 (そうげん せいせいく しほさい)
  意滋澤 C淨句 是菩薩位 (いしたく せいせいく しほさい)
  光明 C淨句 是菩薩位 (こうべい せいせいく しほさい)
  身樂 C淨句 是菩薩位 (しんらく せいせいく しほさい)
  色 C淨句 是菩薩位 (しょく せいせいく しほさい)
  聲 C淨句 是菩薩位 (せい せいせいく しほさい)
  香 C淨句 是菩薩位 (きょう せいせいく しほさい)
  味 C淨句 是菩薩位 (び せいせいく しほさい)
  何以故 一切法自 性C淨故 (かいこ いっせいほうし せいせいせいこ)
  般若波羅蜜多 C淨 (はんじゃはらびた せいせい)

  金剛手 (きんこうしゅ)
  若有聞此 C淨出生句 般若理趣 (じゃくゆうぶんし せいせいしゅっせいく ふぁんじゃりしゅ)
  乃至菩提道場 一切蓋障 (だいしほていとうちょう いっせいかいしょう)
  及煩惱障 法障業障 設廣積習 (きゅうはんだつしょう はっしょうげっしょう せっこうせきしゅ)
  必不堕於 地獄等趣 (ひっぷたよ ちぎょくとうしゅ)
  設作重罪 消滅不難 (せっさくちょうさい しょうべっぷなん)
  若能受持 日日 讀誦 (じゃくのうしゅち じつじつ とくしょう)
  作意思惟 即於現生證 (さくいしい そくよけんせいしょう)
  一切法平等 金剛三摩也 (いっせいほうへいとう きんこうさんまち)
  於一切法 皆得自在 (よいっせいほう かいとくしさい)
  受於無量 適ス勸喜 (しゅよぶりょう てきえつかんぎ)
  以十六大 菩薩生 (いしゅうりくたい ほさっせい)
  獲得如來 執金剛位 (かきとくじょらい しゅうきんこうい)
  時薄伽梵 一切如來 (しふぁきゃふぁん いっせいじょらい)
  大乘現證 三摩耶 (たいしょうけんしょう さんまや)
  一切曼荼羅時 金剛勝薩捶(土へん) (いっせいまんたらち きんこうしょうさった)
  於三界中 調伏無餘 (よさんかいちゅう ちょうふくぶよ)
  一切義成 就金剛手 菩薩 摩可薩 (いっせいぎせい しゅきんこうしゅ ほさんばかさ)
  爲欲重顯 明此義故 (いよちょうおん びしぎこ)
  熙怡微咲 左手作 金剛慢印 (きいびしょう さしゅさ きんこうまんにん)
  右手抽擲 本初 (ゆうしゅちゅうてき ほんそ)
  大金剛作 勇進勢 (たいきんこうさく ゆうせい)
  説 大樂金剛 不空三摩耶心 (せ たいらきんこう ふこうさんまやしん)


  (現代語訳)

  大楽はそもそも金剛であり空しくない
  その不二、わかつことのできない真実の教え
  完全なる悟りへの道理を述べた理趣品

  大興善寺の出家僧不空が帝の勅により訳す。

   わたしはこんな風に聞いております。
   お釈迦さまはあるとき
   すべての如来のダイヤモンドのような力を加持され
   不二つまり如来と自分は入我我入である
   つまりミクロコスモスとマクロコスモスの同一感
   宗教的神秘を体験されました。
   如来より灌頂の秘儀をうけ頭上に真理の宝冠をたずさえ
   三界の主となり、一切のものを知る如来の智恵を得たのです。
   その一切如来の叡智は
   衆生はみな平等で五分五分であるということです。
   これはお釈迦さまの説法となりました。
   そこでは、もれるものもなく、あまねく一切の
   いきとしいけるもの業をあわれみ、願いをかけ
   ご自分の身・口・意は現在・過去・未来において
   あまねく充即し、高められ
   ついにはあの金剛遍照のビルシャナ仏、大日如来と合致したのです。
   この世界の他化自在天の王宮の中に
   でんといらしゃいます。
   一切の如来もそこに集い、宴をひらき
   それはそれはすばらしい大宮殿であります。
   さまざまな宝、天井からはシャンデリアやカーテンが
   そよ風にゆれております。
   また満月や半月の形の
   さまざまな髪飾り、ネックレス、など
   とても美しく飾られているのです。

   その宮殿には八十億の菩薩さんがいらっしゃり
   そのなかでも
   金剛手菩薩さま
   観自在菩薩さま
   虚空蔵菩薩さま
   金剛拳菩薩さま
   文殊師利菩薩さま
   纔発心転法輪菩薩さま
   虚空庫菩薩さま
   摧一切魔菩薩さま

   これら八大菩薩に取り囲まれ、座の中心で、尊敬され
   大日如来は説法をしたそうです。
   その説法はずっと飽くことがなく
   表現も豊かで、まったくすばらしいとしかいえない
   きよらかで潔白なものでした。



   実は一切のダルマ=法は清浄なものなのです。
   よく聞きなさい
   
    男女のセックス、これは実は清浄な菩薩の境地です。
    欲望が相手を射る、これも実は清浄な菩薩の境地です。
    男女が互いに触れ合う、これも実は清浄な菩薩の境地です。
    愛し、抱き合う事、これも清浄な菩薩の境地です。
    快感を得てすべてを忘れる、これも清浄な菩薩の境地です。
    相手を欲望の眼で見る、これも清浄な菩薩の境地です。
    オーガズムを得る、これも清浄な菩薩の境地です。
    男女の愛、これも清浄な菩薩の境地です。
    
    自慢の心、これだって清浄な菩薩の境地です。
    お洒落、インテリア、これらも清浄な菩薩の境地です。
    思うにまかせて楽しむのも、これも清浄な菩薩の境地です。
    光明につつまれてある、これも清浄な菩薩の境地です。
    たまには息抜する、これも清浄な菩薩の境地です。
    見る物すべて、清浄な菩薩の境地です。
    聞く物すべて、清浄な菩薩の境地です。
    この世の香り、これも清浄な菩薩の境地です。
    味覚だってすべて、清浄な菩薩の境地です。

   真実に至る最高の叡智、般若波羅蜜多は清浄でありますから
   当然一切の法はすべて清浄なのです。



   金剛手菩薩よ
   この清浄の境地と同一とする最高の智恵の理趣を聞いたならば
   こころのたがはことごとく消え去り
   光輝くその悟り道場に入ることになります。

   煩悩による障害、真実の法を聞かない障害、業による障害
   これらを積み重ねて、地獄ら三悪趣に堕ちたとしても
   その消え難い重罪を消滅させてくれます。
   もしこの経を受持し、日々これを読み、そこに書いてある事を実践するなら
   この身、つまり娑婆の凡夫のまま
   この世のありとあらゆるものは平等で
   破壊しえないダイヤモンドのようなもので
   そのすばらしい世界のなかで
   自在の心の輝きを得るでしょう。

   はかりしれない恍惚と歓喜が
   十六大菩薩の生涯をめぐるように高められ
   ついにはわたし大日如来の光輝と合致するのです。
   
   すべての如来が大乗の完全な教えの前に立ち現われ
   金剛手菩薩は曼荼羅にいらしゃる菩薩
   のなかでもすぐれた菩薩となり
   現在、過去、未来のなかで余すことなくその道理を説き
   一切義成就菩薩となられました。
   一切の道理にかなった事をすでに成し遂げられ
   「一切の法は清浄である」という事を重ねて示す為に
   おだやかな表情で微笑され
   左手には金剛慢の印を結び
   右手には五股杵で勇ましく進み行く菩提心を示し、揺り動かし
   大楽は空しからずダイヤモンドの様だと示し
   「ウーン」を唱えたのです。

仏教について最初のページへ
葬儀・生花・花環・本郷金子商店HOMEへ