正信念仏偈 
  
  正信念仏偈  親鸞作
  
  現代語訳(こちらはちょっとだけまじめです)

  帰命無量寿如来、(きみょうむりょうじゅにょらい)
  南無不可思議光、(なむふかしぎこう)
  法蔵菩薩因位時、(ほうぞうぼさいんにじ)
  在世自在王仏所、(ざいせじざいおうぶっしょ)
  覩見諸仏浄土因、(とけんしょぶつじょうどいん)
  国土人天之善悪、(こくどにんでんしぜんまく)
  建立無上殊勝願、(こんりゅうむじょうしゅしょうがん)
  超発希有大弘願、(ちょうほっけうだいぐせいがん)
  五劫思惟之摂受、(ごこうしゆいししょうじゅ)
  重誓名声聞十方、(じゅうせいみょうしょうもんじっぽう)
  普放無量無辺光、(ふほうむりょうむへんこう)
  無碍無対光炎王、(むげむたいこうえんのう)
  清浄歓喜智慧光、(しょうじょうかんぎちえこう)
  不断難思無称光、(ふだんなんしむしょうこう)
  超日月光照塵刹、(ちょうにちがっこうしょうじんせ)
  一切群生蒙光照、(いっさいぐんじょうむこうしょう)
  本願名号正定業、(ほんがんみょうごうしょうじょうごう)
  至心信楽願為因、(ししんしんぎょうがんにいん)
  成等覚証大涅槃、(じょうとうがくしょうだいねはん)
  必死滅度願成就、(ひっしめつどがんじょうじゅ)
  如来所以興出世、(にょらいしょいこうしゅっせ)
  唯説弥陀本願海、(ゆいせみだほんがんかい)
  五濁悪時郡生海、(ごじょくあくじぐんせいかい)
  応信如来如実言、(おうしんにょらいにょじつごん)
  能発一念喜愛心、(のうほいちねんきあいしん)
  不断煩悩得涅槃、(ふだんぼんのうとくねはん)
  凡聖逆謗斉回入、(ぼんしょうぎゃくほうさいえにゅう)
  如衆水入海一味、(にょしゅうしにゅうかいいちみ)
  摂取心光常照護、(せっしゅしんこうじょうしょうご)
  已能雖破無明闇、(いのうすいいはむみょうあん)
  貪愛瞋憎之雲霧、(とんないしんぞうしうんむ)
  常覆真実信心天、(じょうふしんじしんじんてん)
  譬如日光覆雲霧、(ひにょうにっこうふうんむ)
  雲霧之下明無闇、(うんむしげみょうむあん)
  獲信見敬大慶喜、(ぎゃくしんけんきょうだいきょうき)
  即横超截五悪趣、(そくおうちょうぜつごあくしゅ)
  一切善悪凡夫人、(いっさいぜんまくぼんぷにん)
  聞信如来弘誓願、(もんしんにょらいぐせいがん)
  仏言広大勝解者、(ぶっごんこうだいしょうげしゃ)
  是人名分陀利華、(ぜにんみょうふんだりけ)
  弥陀仏本願念仏、(みだぶつほんがんねんぶつ)
  邪見僑慢悪衆生、(じゃけんきょうまんあくしゅじょう)
  信楽受持甚以難、(しんぎょうじゅうじじんになん)
  難中之難無過斯、(なんちゅうしなんむかし)
  印度西天之論家、(いんどさいてんしろんげ)
  中夏日域之高僧、(ちゅうかじちいきしこうそう)
  顕大聖興世正意、(けんだいしょうこうせしょうい)
  明如来本誓応機、(みょうにょらいほんぜいおうき)
  釈迦如来楞伽山、(しゃかにょらいりょうがせん)
  為衆告命南天竺、(いしゅうごうみょうなんてんじく)
  龍樹大士出於世、(りじゅだいじしゅっとせ)
  悉能摧破有無見、(しつのうざいはうむけん)
  宣説大乗無上法、(せんぜだいじょうむじょうほう)
  証歓喜地生安楽、(しょうかんきじしょうあんらく)
  顕示難行陸路苦、(けんじなんぎょうろくろく)
  信楽易行水道楽、(しんぎょういぎょうしどうらく)
  憶念弥陀仏本願、(おくねんみだぶつほんがん)
  自然即時入必定、(じねんそくじにゅうひつじょう)
  唯能常称如来号、(ゆいのうじょうしょうにょらいごう)
  応報大悲弘誓恩、(おうほうだいひぐぜいおん)
  天親菩薩造論説、(てんじんぼさぞうろんせ)
  帰命無碍光如来、(きみょうむげこうにょらい)
  依修多羅顕真実、(えしゅうたらけんしんじ)
  光闡横超大誓願、(こうせんおうちょうだいせいがん)
  広由本願力回向、(こうゆほんがんりきえこう)
  為度群生彰一心、(いどぐんじょうしょういっしん)
  帰入功徳大宝海、(きにゅうくどくだいほうかい)
  必獲入大会衆数、(ひつぎゃくにゅうだいえしゅしゅ)
  得至蓮華蔵世界、(とくしれんげぞうせかい)
  即証真如法性身、(そくしょうしんにょほっしょうしん)
  遊煩悩林現神通、(ゆうぼんのうりんげんじんつう)
  入生死園示応化、(にゅうしょうじおんじおうげ)
  本師曇鸞梁天子、(ほんんじどんらんりょうてんし)
  常向鸞処菩薩礼、(じょうこうらんしょぼさらい)
  三蔵流支授浄経、(さんぞうるしじゅじょうきょう)
  梵焼仙経帰楽邦、(ぼんしょうせんぎょうきらくほう)
  報土因果顕誓願、(ほうどいんがけんせいがん)
  往還回向由他力、(おうげんえこうゆたりき)
  正定之因唯信心、(しょうじょうしいんゆいしんじん)
  惑染凡夫信心発、(わくぜんぼんぷしんじんほ)
  証知生死即涅槃、(しょうちせいしそくねはん)
  必至無量光明土、(ひっしむりょうこうみょうど)
  諸有衆生皆普化、(しょうしゅじょうかいふけ)
  道綽決聖道難証、(どうしゃけっしょうどうなんしょう)
  唯明浄土可通入、(ゆいみょうじょうどかつにゅう)
  万善自力貶勤脩、(まんぜんじりきへんごんしゅう)
  円満徳号勧専称、(えんまんとくごうかんせんしょう)
  三不三信誨慇懃、(さんぷさんしんけおんごん)
  像末法滅同悲引、(ぞうまつほうめつどうひいん)
  一生造悪値弘誓、(いっしょぞうあくちぐぜい)
  至安養界証妙果、(しあんにょうかい」しょうみょうか)
  善導独明仏正意、(ぜんどうどくみょうぶっしょうい)
  矜哀定散与逆悪、(こうあいじょうさんよぎゃくあく)
  光明名号顕因縁、(こうみょうみょうごうけんいんねん)
  開入本願大智海、(かいにゅうほんがんだいちかい)
  行者正受金剛心、(ぎょうしゃしょうじゅこんごうしん)
  慶喜一念相応後、(けいきいちねんそうおうご)
  与韋堤等獲三忍、(よだいとうとうぎゃくさんにん)
  即証法性之常楽、(そくしょうほっしょうしじょうらく)
  源信広開一大教、(げんしんこうかいいちだいきょう)
  偏帰安養勧一切、(へんきあんようかんいっさい)
  専雑執心判浅深、(せんぞうしゅうしんはんせんじん)
  報化二土正弁立、(ほうけにどしょうべんりゅう)
  極重悪人唯称仏、(ごくじゅうあくにんゆいしょうぶ)
  我亦在彼摂取中、(がやくざいひせっしゅちゅう)
  煩悩障眼雖不見、(ぼんのうしょうげんすいふけん)
  大悲無倦常照我、(だいひむけんじょうしょうが)
  本師源空明仏教、(ほんじげんくうみょうぶっきょう)
  憐愍善悪凡夫人、(れんみんぜんまくぼんぷにん)
  真宗教証興片州、(しんしゅうきょうしょうこうへんしゅう)
  選択本願弘悪世、(せんたくほんがんぐあくせ)
  還来生死輪転家、(かんらいせいしりんてんげ)
  決以疑情為所止、(けっちぎじょういしょし)
  速入寂静無為楽、(そくにゅうじゃくじょうむいらく)
  必以信心為能入、(ひっちしんじんいのうにゅう)
  弘経大士宗師等、(ぐきょうだいじしゅうしとう)
  拯済無辺極濁悪、(じょうさいむへんごくじょくあく)
  道俗時衆共同心、(どうぞくじしゅうぐどうしん)
  唯可信斯高僧説、(ゆいかしんしこうそうせつ)



  (現代語訳)
    
    わたしは永遠の命の阿弥陀さまにすべておまかせします。
    とてつもない光を発するそのお姿におまかせします。

    阿弥陀さまは、かつて法蔵菩薩とよばれ 
    自在王仏さまの所で修行されているときに
    さまざまな浄土の仏様や、どのようにしたら浄土ができるのか
    国中の人々や天の神仏その善悪をつぶさに観察し
    よしひとつ自分がつくってやろうと
    これ以上ない48の願いを立てたのです。
    これはまさに前代未聞の本当に大変な誓いです。
    とんでもない長い間浄土について考え
    その誓いを選び、また自分の名前がすべての人々の励みとなるよう
    重ねて願ったのです。

    阿弥陀さまになられると
    そのお体から発する光は
    なんと無量・無辺でとどかない場所はありません。
    それはもはや全宇宙に比べるものすらない光で
    きよらかできれいで浴びているだけで幸せになり、
    そんな光ですからなんと呼んでいいのやら。
    大陽や月の光が届かない無数の国土を照らし
    この光の恩恵にあずからない生き物などいないのです。

    阿弥陀さまの本願を想い
    その名号を一心にとなえること
    それこそが凡夫の我々が唯一できることつまり
    われわれの正しい業なのです。
    本願の至心、信楽の願いによって
    悟りをひらき、涅槃の境涯に至り
    入滅の際にはかならず願いがかなうはずです。

    如来がこの世界にいらっしゃるのは
    ただ阿弥陀さまの大海のような衆生救済の想いを
    五濁、末法、のこの時代
    われわれのような迷えるいきとしいけるものに
    お説きになるためです。
    如来の真実の、み言葉を信じるべきでしょう。
    そのお姿に歓心し、ただただ一念
    ”南無阿弥陀仏”と念ずれば
    煩悩を断ち切れない凡夫も、”ニルバーナ”を得るのです。
    どんなにすばらしい人も
    極悪人も
    善悪の彼岸の大海では混沌として
    区別がつきません。
    すべての人を受け入れ、照らし出すその光に常に守られ
    こころの奥底の無明の闇はその光に照らし出されるのですが
    こころの表面はまだ、三毒、愛欲をむさぼり
    苦ゆえの憎悪に覆われたままです。
    しかし大陽の光がいずれか雲を散らし、霧を晴らし
    その下の大地を照らすように
    本当に信心することにより
    四諦を得、本当の悟りを得るのは間違いありません。
    阿弥陀さまの誓願を聞きいて、そのお姿を信ずれば
    すぐに五悪趣にまみれた娑婆世界からとびさり
    善悪の彼岸に一切衆生は会い見え
    諸々の仏はあなたを「大いなる勝解者」と誉め
    「白蓮の華」と讃えるでしょう。

    しかし阿弥陀さまの本願を信じ
    念仏する事は、
    因縁の法則を認めたがらない人々や、
    増上慢の人々にとっては
    信じこれを保つ事は、難関中の難関です。

    西の国インドではお釈迦さまの悟りについて
    さまざまな論家が議論をし
    中国や日本ではたくさんの高僧が
    「お釈迦さまがこの世にお出ましになったのは
    ただ阿弥陀さまの本願を
    衆生に説く為である。」
    とおっしゃています。

    昔、お釈迦さまが「楞伽山」で説法をしているときに
    衆生にこう予言しました。

    南インドに龍樹という大天才が生まれます。
    有無の見方(説一切有部)を喝破し、
    大乗仏教という無上の仏教を説き広めます。
    浄土に生まれ、無上の悟りを得るには
    険しい山に阻まれた陸路を進むのは大変で、
    邪魔なもののがない水路を船で進む
    つまり大乗仏教を信ずる様に説いたのです。
    阿弥陀さまの本願を想い念ずれば
    自然と浄土に生まれることができます。
    これには常に
    「南無阿弥陀仏」と名号を称えることが大事です。
    それはまさに阿弥陀さまの
    大誓願に応えることになるからなのです。

    世親は初め小乗の説一切有部で 
    アビダルマを論じ「具舎論」を書きましたが
    のちに唯識派に転じ、大乗を説き
    「浄土論」を書き表しました。
    
    無量・無辺の光を放つ阿弥陀さまに帰命すること
    「無量寿経」によりその真実をお説きになりました。
    大誓願は五悪趣にまみれた娑婆を光で満たし
    それはただ本願力の回向の力によるものです。
    衆生が「一心」に願う姿
    それにより功徳の大宝海に帰入することを
    多くの衆生が得ることは間違いがないのです。
    それはつまり蓮華蔵世界に分け入る事
    つまり真理を体現した仏と成る事なのです。
    煩悩の世界でも幼子が遊ぶようにふるまえ
    分別を身につける事ができ
    生死の只中でも、あわてる事がありません。

    梁の武帝は曇鸞のいらっしゃる所へ出向かれ
    あなたこそ菩薩さまだと合掌、礼拝しました。
    もともと龍樹の四論や涅槃経などを学んでいましたが
    病に倒れた後、不老不死の術、「仙経」を学びました。
    しかし菩提流支(三蔵)に出会い、「勧無量寿経」を授けられ
    「仙経」を焼き捨て、浄土門に入るのです。
    世親の「浄土論」の注釈書
    「浄土論註」を書き表しその論旨は
    浄土は阿弥陀さまの誓願の因縁によって顕れ
    往相、つまりわれわれが浄土に往生することも
    環相、浄土からこの世に戻り衆生を救うことも
    これはただただ阿弥陀さまの本願による
    つまり阿弥陀さまにおまかせする、他力の信心
    これ以外に正しい定はありえないというものです。
    煩悩を断ち切れない凡夫の衆生でも
    一度信心をおこせば
    それこそ生きることも死ぬことも即ち涅槃であります。
    無量・無量辺の光の世界なのです。
    衆生にこのあたりまえの事をきづかせる事ができるのです。
    
    道綽禅師は
    聖道門つまり自力では、凡夫は悟ることができないと
    ただ浄土門により、凡夫は悟ることができるのだと示されました。
    自力の修行を千万回するよりも
    すべての功徳をもった呼名念仏をもっぱら勧めました。
    三不つまり不信心の三つの姿
    「信心不淳」、「信心不決定」、「信心不相続」
    それに対しては三信
    「淳心」、「一心」、「相続心」と他力信心の本質を示され
    像法、末法の悪世、正法が滅した娑婆においても
    同じような慈悲で衆生を導いていただける事をお説きになりました。
    所詮、一生悪を為す凡夫といえども
    ひとたび本願に出会い、「一心」に信ずれば
    浄土に至り、仏の悟りをひらくでしょう。

    善導大師はただお一人、お釈迦さまの真意をあきらかにしました。
    聖道門や仏の教えを信じない衆生、悪行におぼれた人々を憐れんで
    光明につつまれた阿弥陀さまの名号に出会う
    その因縁を明かにしました。
    阿弥陀さまの本願は
    我々衆生を智恵の大海、浄土へ導きます。
    念仏の行者はそこで
    なにものにも脅かされない不退転の信心を得るのです。
    歓喜の心が阿弥陀さまとまさに重なるその時こそ
    「歓無量寿経」の説法を聞いて
    喜、聡明、無疑の三心を得た
    韋提希さんと同じ、
    つまり苦のない浄土にまさにありなのです。

    源信和尚は「往生要集」を書きあらわし
    お釈迦さまの一代の教えを示し
    浄土にうまれる事をねがい、人々にもその教えを勧めました。
    ただ念仏する信心の深いもの
    自力もためす信心の浅いもの
    その信心により
    浄土も報土と化土の2種類にわかれてしまいます。
    信心の深いものは真実の報土に生まれ
    信心の浅いものは方便化城の化土に生まれます。
    「極悪人であろうとただ”南無阿弥陀仏”ととなえなさい。
    わたくし源信も阿弥陀さまの慈悲の大海の中
    煩悩でまわりもはっきりとみえないが
    阿弥陀さまの慈悲は、
    いつ何時も灯台の様にわたくし源信を照らしてくれる。」

    わたし親鸞の師、源空上人(法然)は仏教そのものを究めて
    「選択集」を著し、善、悪にまみれたわれら凡夫を憐れんで
    真実の教えを日本で弘められた方です。
    ただ本願念仏を選び、五濁悪世に弘めららました。
    生死・輪廻をわれわれが繰り返すのは
    そもそも阿弥陀さまに対する疑いの心にあります。
    本願念仏を信ずれば、寂静、無為楽の極楽浄土へ
    必ず生まれることができるでしょう。

    お経を紐解き、これら大先生のお話に耳を傾け、
    五濁にまみれ、三毒でつぶされそうになり
    それでも生きねばならないこの世
    これはいくら官僚といえども
    六本木ヒルズに住んでいる人でも
    投獄され懲役を受けている人でも
    イラクで戦争をしている人でも
    その七高僧の説を信ずるべきでありましょう。


仏教について最初のページへ
葬儀・生花・花環・本郷金子商店HOMEへ