修証義 第一章 総序
  
  生を明らめ死を明らむるは仏家一大事の因縁なり、
  生死の中に仏あれば生死なし、但生死即ち涅槃と心得て、
  生死なしと厭ふべきもなく、涅槃として欣ふべきもなし、
  是時初めて生死を離るる分あり、唯一大事因縁と究尽すべし。

  人身得ること難し、仏法値ふこと希なり、今我等宿善の助くるに依りて、
  己に受け難き人身を受けたのみに非ず遭ひ難き仏法に値ひ奉れり、
  生死の中に善生、最勝の生なるべし、最勝の善身を徒にして
  露命を無常の風に任すこと勿れ。

  無常憑み難し、知らず露命いかなる道の草にか落ちん、
  身己に私に非ず、命は光陰に移されて暫くも停め難し、
  紅顔いずこへか去りし、尋ねんとするに蹤跡なし、
  熟観ずる往事の再び逢うべからざる多し、無常忽ちに到るときは
  国王大臣親従僕妻子珍宝たすくる無し、唯独り黄泉に趣くのみなり、
  己れに随い行くは只是れ善悪業等のみなり、
  今の世に因果を知らず業報を明めず、
  三世を知らず、善悪を弁まえざる邪見の党侶には
  郡すべからず、大凡因果の道理歴然として私なり、
  造悪の者は堕ち修善の者は陞る、
  豪釐も違わざるなり、若し因果亡じて虚しからんが如きは、
  諸仏の出世あるべからず、
  祖師の西来あるべからず。

  善悪の報に三時あり、
  一者順現報受、二者順次生受
  三者順後次受、これを三時という、
  仏祖の道を修習するには、其最初より斯三時の業報の理を効い験らむるなり、
  爾あらざれば多く錯りて邪見に堕つるなり、但邪見に堕つるのみに非ず、
  悪道に堕ちて長時の苦を受く。

  当に知るべし今生の我身二つ無し、三つ無し、
  徒に邪見に堕ちて虚しく悪業を感得せん、惜しからざめや、
  悪をつくりながら悪に非ずと思い、悪の報いあるべからずと邪思惟するに依りて
  悪の報いを感得せざるには非ず




  わたしは
  「なぜ人を殺してはいけないのか?」
  という質問に子供が納得できるように
  自分の宗教の教義に基づいて
  答えられるのが宗教家だとおもう。

  わたしはこれにはうまく答える事ができない。
  なぜなら、善悪すらうまく説明できないからだ。
  善悪はあくまで絶対的な境目などない相対的なものだ。
  社会的、政治的にきめられてしまう。
  イラク戦争をみればそれは明らかだ。
  法律をすべて守る人間が善人とはいえない。
  そこから先は哲学者、その先のどろどろした部分を宗教者が提示しなければ
  ゲージュツを鑑賞し心をきたえなければ
  我々は指針を見失う。

  だから悪人は地獄に堕ちるなどと言う事
  地獄そのものもないと思っている。
  だいたい地獄を強調する宗教は現代でもろくなものがない。
  ずらっとあげたいけれど
  きりがないのでやめておく。

  だから私はこの「修証義」の第一章総序が嫌いだ。
 
  「道元」禅師の「正法眼蔵」はムズカシいけれど
  最初の現成公案には地獄の話などでてきていません。

  また私のあまり信用できない訳をのせておきます。
  
   生きているとはなんなのか?
   死ぬということはどういうことなのか?
   これをわかりやすくみなさんに説明するのが
   お坊さんの使命だ。
   生も死も悟りがあればそんなもんはなくなる。
   ただし、生も死もそのものが”ねはん”と思っていれば
   生も死もまんざら捨てた物ではなし、
   ”ねはん”だからといって喜んでもいられない。
   ありのままの境地にたったとき
   生の執着からも、死の恐怖からも開放され
   自由になるのだが
   これは簡単なようで難しいから
   お坊さんはベンツなどのらず、これをとことんまで考えるべきだ。

   お父ちゃんの一億超える精子が
   お母ちゃんの卵子にたどりつき受精するのは
   ほとうにまれだ
   ましてや、日本に生まれ仏教に出会うなどということは
   お坊さんにならないかぎり不可能なのだ。
   わたしは前世がゴキブリだったかもしれないのだが
   ゴキブリはゴキブリなりに一生懸命いきた。
   それでいまの我々があるのだ。
   シーラカンス、三葉虫、トリケラトプス
   クロマニヨン人
   携帯電話などない時代の
   さまざまな生物にたすけられて
   お坊さんは仏教にであった。
   今はとっても幸せな、一番めぐまれた存在であると自覚して
   織田無道のような
   いんちき坊主になってはいけない。

   とにかく無常なのだ。
   50億年の地球の歴史を24時間に直せば
   われわれなど
   1秒もせず死んでしまう存在だ。
   死んでしまえば、魂は体を離れ
   光の速さで全存在に溶け込む
   それはどんなにかわいい”浜崎あゆみ”のほっぺ
   だってまっしろにし、ファンが揺さぶっても
   ”あゆはー”などと鼻づまりのような返事はしない。
   過ぎ去った事はもうもどらないのだ。
   だから無常のあかつきには
   小泉、小池、その他チルドレン、官僚、ゼネコン、ベンツ、フェラーリ
   誰も何も助けてくれない。
   とっとと光となり闇へ向かうのだ。
   その時もっていけるのはお金などではなく
   生前の評判だけだ。
   だからほんとうに悪い事を見極め
   本当に悪い人間だけが罰せられなければならないが
   この辺はこの修証義に反してあいまいになっている。
   だから三世の諸仏は雲隠れし
   こんな時代にこそ
   救世主が必要だ。

   善悪が明らかにされるのは
   ゴキブリになって生まれたり
   ミジンコになって生まれたり
   ネコになって生まれたり
   する時だけでなく
   この世であってほしい。
   また罪の延期もよくわからん。
   ただいえる事は悪の本質を見極め、
   自分が悪いと思う事はしないことだ。
   人によっても違うからさっぱりわからんが
   悪い事をすれば自分の心が痛むのはたしかだ。
   わたしなどもこれが悪だと知らず
   平気で他人に悪い事をするときが多い。
   だから今のままでは
   どうしても地獄行だと思ってしまう。
   そこで必要なのが本当の仏法
   これを明らかにしてくれるお坊さんなのだ。

   後半はまったく別物になってしまいました・・・・。

仏教について最初のページへ
葬儀・生花・花環・本郷金子商店HOMEへ