修証義 第三章 受戒入位
  
  次には深く仏法僧の三宝を敬い奉るべし、
  生を易え身を易えても三宝を供養し敬い奉らんことを願うべし、
  西天東土仏祖正伝する所は恭敬仏法僧なり。

  若し薄福少徳の衆生は三宝の名字猶お聞き奉らざるなり、
  如何に況や帰依し奉ることを得んや、徒に所逼を恐れて
  山神鬼神等に帰依し、或いは外道の制多に帰依すること勿れ、
  彼は其帰依に因りて衆生を解脱すること無し、
  早く仏法僧の三宝に帰依し奉りて衆苦を解脱するのみに非ず菩提を成就すべし。

  其帰依三宝とは正に浄心を専らにして或いは如来現在世にもあれ、
  或いは如来滅後にもあれ、合掌し低頭して口に唱えて曰云く、

   南無帰依仏
   南無帰依法
   南無帰依僧

  仏は是れ大師なるが故に帰依す、法は良薬なるが故に帰依す。

  僧は勝友なるが故に帰依す、仏弟子となること必ず三帰依る、
  何れの戒を受くるも必ず三帰を受けて其後諸戒を受くるなり、
  然あれば即ち三帰に依りて得戒あるなり。

  此帰依仏法僧の功徳、必ず感応道交するとき成就するなり、
  設い天上人間地獄鬼畜なりと雖も、感応道交すれば必ず帰依し奉るなり、
  己に帰依し奉るが如きは生生世世在在処処に増長し、
  必ず積功累徳し、阿耨多羅三藐三菩提を成就するなり、
  知るべし三帰の功徳其れ最尊最上甚深不可思議なりということ、
  世尊己に証明しまします衆生当に信受すべし。
  次には応に三聚浄戒を受け奉るべし、

   第一摂律儀戒、
   第二摂善法戒、
   第三摂衆生戒、
   、次には応に十重禁戒を受け奉るべし、
   第一不殺生戒、
   第二不偸盗戒、
   第三不邪婬戒、
   第四不妄語戒、
   第五不こ酒戒、
   第六不説過戒、
   第七不自讃毀陀戒、
   第八不慳法財戒、
   第九不瞋恚戒
   第十不謗三宝戒なり、

  上来三帰三聚浄戒、十重禁戒、
  是れ諸仏の受持したまう所なり。

  受戒するが如きは、三世の諸仏の所証なる阿耨多羅三藐三菩提金剛不壊
  の仏果をしょう証するなり、誰の智人か欣求せざらん、
  世尊明らかに一切衆生の為に示しまします、衆生仏戒を受くれば、
  即ち諸仏の位に入る、位大覚に同うし己る、
  真に是れ諸仏の子なりと、諸仏の常に此中に住持たる、
  各各の知覚に方面露れず、
  是時十方法界の土地草木牆壁瓦礫皆仏事を作すを以って、
  其起す所の風水の利益に預る輩、
  皆甚妙不可思議の仏化に冥資せられて親き悟りを顕わす、
  是を無為の功徳とす、是を無作の功徳とす、
  是発菩提心なり。


  懺悔してちょをっぴり
  軽い気持ちになったところで
  仏弟子になり受戒されます。
  戒名についてはコチラをご覧下さい
  
    まあこれをすべて死ぬまで守るお坊さんは
   イラッシャイマセン
  
  だったら時代に合うよう修証義も書きかえが
  必要なのではと思うのですが・・・・。

  もともとつぎはぎだらけなので
  戒律はもう少し緩くすべきだと思いますが
  いかがなものでしょうか?

  葬儀の後、大酒をあび、ゆでだこになり
  帰るお寺さんもいらっしゃいます。
  わたしも大酒飲みですから
  せめてお酒ぐらいOKに
  生き物を殺すなと書いてありますが
  ベジタリアンに今更なれませんし
  この戒律まもる人だけがお坊さんなら
  お坊さんいなくなっちゃいます。

  また私の信用できない訳でお茶を濁してください

   これ、ヨシアキや
   まあ無理かもしれないけど
   お前さん、ほとけさん、ぶっきょう、おてらさん
   は大事にせなあかんぞ。
   うまれかわって
   ハトになったって
   お寺の側でぽっぽぽぽー
   ほとけさんの側のお供物を
   ありがたくいただくんじゃ。
   インドの山奥からニッポンと
   いろんなお師祖ががんばって
   大事にしてきたのも
   これは結局、ほとけさん、ぶっきょう、お寺さんの
   サンポウだからじゃ。

   村上ファンドの村上なんとかは
   こんなばばあの説教など聴かんじゃろう。
   ましてやサンポウを大事にするなど
   あるはずがなかろう。
   それでもヨシアキや
   株価の下落を恐れて
   細木数子などに
   占ってもらうなどという
   ホリエモンの様なバカをしちゃいけんぞい。
   M&Aを拠り所にしたって
   しょせん
   あんたのお金に対する
   執着は苦しみをまねくだけじゃ
   上には上があり、下には下がある。
   はやくサンポウを大事にし
   M&Aなどやめにして
   お金への執着をたちきり
   普通に働くべきじゃ。

   サンポウを大事にする方法じゃが
   とりあえず株価など忘れて
   如来がこの世にいようが、いまいが
   合掌して
   頭をさげて
   ”なむきえぶつ”
   ”なむきえほう”
   ”なむきえそう”
   ととなえればいいんじゃ
   ほとけは大先生じゃから
   ぶっきょうはくすりのようなもんじゃから
   お寺さんは親友みたいなもんじゃから
   大事にするんじゃ
   仏さんの弟子になるには
   必ずこのサンポウを大事にしなけりゃいけないよ。
   ここからが大変なんじゃが
   まずサンポウに身をあずけ
   戒(カイ)を受ける。
   順番がくるっちゃダメなんじゃ

   株価の事など考えておると
   うまくサンポウに身をあずけられん。
   だがたとえ、かみさま、にんげん、
   犬のケン、猫のハナ
   もぐら、みみず、アメーバ、しだれ柳
   ロウニンアジ、シロアリ
   どれに生まれたとしても
   心をからっぽにして
   サンポウの事を想えば
   むこうから自然にやってくるもんじゃ
   この事がわかっていれば
   だんだんサンポウの徳に包まれ
   生まれて、生活し、死んであの世にいっても
   サンポウの徳で
   雪だるまが大仏ぐらいの大きさになり
   ”アーノクタサンミャクサンボダイ”という
   完全な悟りをゲットできるのじゃ。
   これはお釈迦さんが
   そういっているんじゃから
   まず間違いなかろう。

   ここからまた大変じゃが・・・。
   これヨシアキ日経新聞をおきなさい。
   おまえさんの金にたいする
   執着をきれいにするため
   3つのカイをさずけますよ

    ひとつ:自分がやられていやな事は人にはしない。
    ふたつ:自分がすばらしいと思う事を人に押し付けない。
    みっつ:自分だけがお金もちになろうと思わない。

   ヨシアキこれはおまえに守れっていうのが酷だが・・・
   
    ひとつ:生き物を殺しちゃいけない。
    ふたつ:盗みを働いちゃいけない。
    みっつ:すけべな事をしちゃいけない。
    よっつ:ウソをついちゃいけない。
    いつつ:酒をのんじゃいけない。
    むっつ:他人の過ちを責立ててはいけない。
    ななつ:自他ともに大切にし
    やっつ:自分だけもうけようと思わず
    ここのつ:怒りで自分をみうしなわず
    とお:サンポウをばかにしちゃいけない。

   これらはお釈迦さんはじめ
   お師祖さまからえんえんと守られてきたのだが
   明治時代から骨抜きになり
   織田無道のようなインチキ坊主まで
   でてくるしまつじゃ。
   
   だから受戒など無理に受ける必要はない
   これをまともにまもれば
   現在、過去、未来
   ピカーンといらっしゃる
   ほとけがお示しになった
   ”アーノクタサンミャクサンボダイ”
   は永遠に不滅だという事が示せるのだが
   これは本当に難しい。
   あたしですら
   なにひとつまもれやせん。
   現代、完全なさとりをもとめ
   本当に受戒する人は
   いなくなってしもうた。
   おまえにもとめるのは酷だ。

   だけどヨシアキよ
   お釈迦さんは
   いきとしいけるものにこの真理をしめされた。
   すべて守るのは無理じゃが
   ちょっとだけなら
   守れるだろう。
   今日は少し酒をひかえよう。
   レンタルでアダルトビデオを借りるのは今日はやめておこう。

   この受戒が本当にできれば
   ほとけと同じ、お釈迦さんと同じなんじゃが
   難しい。
   そもそもあたしの心にもあんたの心にもある
   奥底の”ニルバーナ”
   は意識してでてくるものではない。
   だからこれは自然とでてきて
   こうしなければならないなどと思うのではなく
   おっ、きずいたら
   酒屋の前を通り過ぎた。
   ってな感じがベストだ。

   ほとけの慈悲のもと
   存在理由がないものはない。
   すべてのものはお互いに補完しあう。
   ほとけの慈悲のもと
   われわれ生きとし生けるものは
   五分五分じゃ
   あるがままに、努力もせず
   この大事なことに気づく時
   それが
   ”ちょっと大人になった”ということだ。
   M&Aなどじゃ
   わからない
   ”ほとけ”の心じゃぞ
   ヨシアキよ

仏教について最初のページへ
葬儀・生花・花環・本郷金子商店HOMEへ