修証義 第四章 発願利生
  
  菩提心を発すということは、己れ未だ渡らざる前に一切衆生を渡さんと
  発願し営むなり、設い在家にもあれ、設い出家にもあれ、或は天上にもあれ、
  或いは人間にもあれ、苦にありというとも楽にありというも、
  早く自未得度先度の心を発すべし。

  其形陋しというとも、此心を発せば、己に一切衆生の導師なり、
  設い七歳の女流なりとも即ち四衆の導師なり、衆生の慈父なり、
  男女を論ずること勿れ、此れ仏道極妙の法則なり、
  若し菩提心を発して後、六趣四生に輪転すと雖も、
  其輪転の因縁皆菩提の行願となるなり、然あれば従来の光陰は
  設い空しく過ごすというとも、今生の未だ過ぎざる際だに急ぎて発願すべし
  設い仏にな成るべき功徳熟して円満すべしというとも、
  尚お廻らして衆生の成仏得道に回向するなり、
  或いは無量劫行いて衆生を先に渡して自らは終に仏に成らず、
  但し衆生を渡し衆生を利益するもあり。

  衆生を利益すというは四枚の般若あり、
  一者布施、
  二者愛語、
  三者利行、
  四者同時、
  是れ即ち薩たの行願なり、其布施という貪らざるなり、
  我物に非ざれども布施を障えざる道理あり、其物の軽きを嫌わず、
  其功の実なるべきなり、然あれば即ち一句一偈の法をも布施すべし、
  此生佗生の善種となる一銭一草の財をも布施すべし、
  此世佗世の善根を逃す、法も財なるべし、財は法なるべし、
  但彼が報謝を貪らず自らが力を頌つなり、
  舟を置き橋を渡すも布施の壇度なり、
  治生産業固より布施に非ざること無し、愛語というは、衆生を見るに、
  先ず慈愛の心を発し、顧愛の言語を施すなり、
  慈念衆生猶如赤子の懐いを貯えて言語するは愛語なり、
  徳あるは讃むべし、徳なきは憐れむべし、怨敵を降伏し、
  君子を和睦ならしむること愛語を根本とするなり、
  面いて愛語を聞くは面を喜ばしめ、
  心を楽しくす、面わずして愛語を聞くは肝に銘じ魂に銘ず、
  愛語能く廻天の力あることを学すべきなり
  利行というは貴賎の衆生に於きて利益の善功を廻らすなり、
  窮亀を見病雀を見しとき、彼が報謝を求めず、唯単に利行に催さるるなり、
  愚人謂わくは利他を先とせば自らが利省れぬべしと、
  爾に非ざるなり、利行は一法なり、普く自佗を利するなり。
  同時というは不違なり、自にも不違なり、佗にも不違なり、
  譬えば人間の如来は人間に同ぜるが如し、
  佗をして自らに同ぜしめて後に自をして佗を同ぜしむる道理あるべし、
  自佗は時に随うて無窮なり、海の水を辞せざるは同時なり、
  是故に能く水聚りて海となるなり。

  大凡菩提心の行願には是の如くの道理静かに思惟すべし、
  卒爾にすること勿れ、済度摂受に一切衆生皆化を被ぶらん
  功徳を礼拝恭敬すべし。


  この時代
  苦しみに耐え
  勝ち組、負け組など格差が広がり
  他人の事などにかまっていられない。
  
  利他の精神はみえすいた
  24時間テレビなどで
  一時的にコクミンを麻痺させるだけだ。

  伝教大師最澄は
  「利己=利他」とおっしゃた。

  わたしは、平気で利他と言える人は
  ハズカシさがたりないと思ってしまう。

  マクドナルドで1万円を渡すと
  それではお客様ごいっしょにご確認ください
  とニコッと笑って(スマイル0円)
  千円、2千円、・・・
  店員といっしょに、他の客がいるのに
  お札を数えなければいけない。
  それはわたしにとってどうもハズカシイ。
  それでその儀式前に
  「自分で数えます。」
  と冷たい事をいってしまう。

  だから温かい葬儀
  心のこもった葬儀、感動葬儀
  福祉、優しい葬儀、素晴らしいナレーション
  こんな事お客様に口がさけてもいえないし
  そんな事を言える神経を疑うのだ。
  
  わたしがガンジーなら
  利他と胸をはっていえるだろう。
  マザーテレサでも
  キング牧師でもない
  矢沢永吉でもない
  金八先生でもない
  泉谷しげるでもない
  ヨン様でもない
  凡人の私が利他とは口が裂けてもいえないのだ。
  
    そんな私の訳はやっぱりいいかげんだ。

  ボダイシンってのはシチメンドクサイけれど
  ボサツさんが
  本当は”涅槃”にいけるのに
  自分は”ニルバーナ”にいかないで
  こちら側で
  みんなをすくって、すくいあげて
  自分は最後でいいということだ。
  これはボサツさんがするからカッコイイ。
  一般庶民であれ、官僚であれ、
  アメリカであれ、天下りであれ、
  刑務所のなかでも、六本木ヒルズでも
  自分はどうでもいいから
  常に周囲の事、全世界の平和
  を考えるべきだが
  そんな人、小泉さんを筆頭に
  日本人には誰もいない。
  ノートルダムのせむし男にも、
  フランケンシュタインにも、
  この気持ちがあり
  りっぱなボサツさんだ。
  これはもし小倉優子でも
  その気持ちがありさえすれば、
  ボサツさんで次期首相候補だが
  残念ながら、コリン星に行ってしまっている。
  これは男でも女でも
  関係なく”ボダイシン”をもっているかいないかだ。
  それがほとけの道の鉄則だ。
  ”ボダイシン”さえおこれば
  どんな境遇にあっても
  様々な出来事が本当のほとけのこころへ進ませるのだ。
  大酒飲み、すけべ、大嘘つき、・・・五戒をことごとくやぶる私でも
  脳卒中で倒れるかもしれないから
  早く”ボダイシン”を起こすべきだが・・・。
  今の所難しい。
  もうそりゃ仙人のような2軒さきのじいさんだって
  自分の徳を他人に廻し、成仏せず
  孫がくるまで”ひがん”にいかず
  猫、犬、馬、さかな、ハエ、・・・・・・
  に徳をふりわけるか?
  これはでっきこない。
  ボサツさんならできる。
  ガンジーなら三途の川でそうしているかもしれない。
  
  みんなに徳をふりわけるには
  四つの方法がある。
  @布施
  A愛語
  B利行
  C同時
  これは試験にでるから
  覚えておくように!

  ボサツさんはこれが何の苦もなくできるというわけだ。

  @から難しい。
  ようするに心をからっぽにして
  40年ローンを払ってきた
  マイホーム、車、最終的には命でさえも
  隣人にあげられるか?ということだ。
  これができたら執着心、物欲、からフリーだ。
  「空」を自覚でき「アノクタラサンミャクサンボダイ」
  は間違いない。
  しかし、これは「悪徳宗教」のもっとも得意とする
  手口だから気をつけねばならない。
  葬儀のときお寺さんから
  「額」が少ない
  といわれても
  わたしはこれで精一杯だ
  と、その精神が大事だ。
  だから、逆にお寺さんに受戒入位がきちんとできてるか?
  と聞いてみてもいいだろう。
  それも布施のなかの法施だからだ。
  一銭でも一草でもよいとかいてあるが
  さすがにそれは非常識だ。
  ちょっとだけでも執着から離れる。
  これで少し気持ちいいし、あの世でも安心だ。
  仏教は財産で
  財産とはこれ仏教の教えだ。
  お寺さんはお布施で私利私欲を満足させず
  勉強会・座禅会・法話・読経・護摩・・・・
  お寺の修理・・・・・
  にまわすべきだ。
  これが何の雑念もなくできれば
  まず戦争はなくなる。
  国交は次々と回復
  政治・経済・産業・
  すべてがうまくいく
  かなしいかなそれは夢物語だ。
  かくいう私のような凡人が
  執着をたちきれずもがいている。

  Aの愛語もちょっぴり高度だ。
  私のようなヘラズ口をたたかず
  願いをこめて語りかけるのだ。
  わたしは男だから
  この前耳鼻科でみた
  おかあさんがあかちゃんの
  おしめつきのおしりでリズムをとりながら
  語りかける。
  そんな雰囲気を想いだした。
  すばらしい事はすばらしいと言い。
  罪を憎んで人を憎まず。
  怒りを沈め(まーまーまー)
  みんな仲良くと
  愛語で語られる。
  でも、泉谷しげるの”ばかやろー”だって愛語だし
  これは日本人には
  どうもコッパズカシイ事だ。
  キャバクラのお姉ちゃんから愛語をささやかれれば
  だれだって、心楽しく笑顔が浮かぶ。
  人づてに”昨日は○○たのしかったらしいよ”
  なんて聞いた日にゃ、ドリンクのおかわり
  たのんであげちゃう。
  つまり愛語には総理大臣すら
  イチコロなのだ。
  ”こいずみさん、構造改革成功おめでとう!”
  ちなみにこれはほめ殺しだ。

  Bの利行も大変だ。
  貧富貴賎聖俗をごった煮にする。
  そんな言葉自体無効にすることだ。
  例えば
  こどもが水におぼれて苦しんでいる。
  これに大概の人間は飛び込んで助け出そうとする。
  そこに打算はない。
  これを利行という。
  しかしこれまた難しい。
  24時間テレビなど打算の塊だ。
  マラソンで感動などしてはいけない。
  小泉内閣は弱者をすくいあげると
  官僚が損をすると思って
  構造改革とやらを断行しているが
  大きな間違いだ。
  官僚、政治家、ゼネコン、チルドレン、ヒルズ族だけではなく
  全国民が本当によくなる方法を考える。
  それが利行の精神だ。

  Cの同時は総決算だ。
  自分も他人もボサツさんも
  オケラダッテ、アメンボダッテ・・・・
  一緒だって事だ。
  阿弥陀さんだって人間だった。
  お釈迦さんだって人間だった。
  すべてのものを受け入れ同じ気持ちになり相手の立場たつ
  、そうしてはじめて自分を受け入れてもらえる。
  もともと絶対的ではない
  自他の区別をとっぱらっちゃおうっていう寸法だ。
  それは
  海はくるものこばまず、
  すべての河の水を受け入れているから
  海でいられる。
  ”ボダイシン”を起こすため
  山の湧き水が河となり
  河がだんだん大きくなり
  海に流れ込み
  マグロが泳ぎ
  クジラが鳴く
  大海を想像するのだ。

  以上どれもむずかしい。
  これができれば
  全世界に誇れる日本人の誕生だ。
  私のような凡人には到底無理だ。
  だから利他っていうのは
  カッコイイけど
  口にするのはとってもハズカシイのだ。
  ボサツさんはカッコイイから
  これを口にするのが可能で、
  やっぱりすばらしい事だとおもうのだ。

  

仏教について最初のページへ
葬儀・生花・花環・本郷金子商店HOMEへ