修証義 第五章 行持報恩
  
  此発菩提心、多くは南閻浮の人身に発心すべきなり、
  今是の如くの因縁あり、願生此娑婆国土し来れり、
  見釈迦無牟尼仏を喜ばさんや。

  静かに憶うべし、正法世に流布せざらん時は、
  身命を正法の為に抛捨せんことを願うとも値うべからず、
  正法に逢う今日の吾等を願うべし、
  見ずや、仏の言わく、無上菩提を演説するし師に値わんには、
  種姓をかん観ずること莫れ、容顔を見ること莫れ、
  非を嫌うこと莫れ、行いを考うること莫れ、
  但般若を尊重するが故に日日三時に礼拝し、
  恭敬して、更に患悩の心を生ぜしむること莫れと。
 
  今の見仏聞法は仏祖面面の行持より来れる慈恩なり、
  仏祖若し単伝せずば、奈何にしてか今日に至らん、
  一句の恩尚お報謝すべし、一報の恩尚お報謝すべし、
  況や正法眼蔵無上大法の大恩これを報謝せざらんや、
  病雀尚お恩を忘れず三府の環能く報謝あり、
  窮亀尚お恩を忘れず、余不の印能く報謝あり。

  畜類尚お恩を報ず、人類争か恩を知らざらん。
  其報謝は余外の法は中るべからず、唯当に日日の行持、
  其報謝の正道なるべし、謂ゆるの道理は日日の生命を等閑にせず、
  私に費やさざらんと行持するなり。

  光陰は矢よりも迅かなり、身命は露よりも脆し、
  何れ善巧方便ありてか過ぎにし一日を復び還し得たる、
  徒に百歳生けらんは恨むべき日月なり、悲しむべき形骸なり、
  設い百歳の日月は声色の奴婢と馳走すとも、
  其中一日の行持を行取するのみに非ず、
  百歳の他生をも度取すべきなり、
  此一日の身命は尊ぶべき身命なり、
  貴ぶべき形骸なり、此行持あらん身心自からも愛すべし、
  自からも敬うべし、我等が行持に依りて諸仏の行持見成し、
  諸仏の大道通達するなり、
  然あれば即ち一日の行持是れ諸仏の種子なり、
  諸仏の行持なり、謂ゆる諸仏とは釈迦牟尼仏なり、
  釈迦牟尼仏是れ即心是仏なり、
  過去現在未来の諸仏、
  共に仏と成る時は必ず釈迦牟尼仏となるなり、
  是れ即心是仏なり、
  即心是仏というは誰というぞと審細に参究すべし、
  正に仏恩を報ずるにてあらん。


  
  いよいよ修証義も終わりだ。
  いい加減な訳も終わりにしなければ
  各関係者に怒られるだろう。

  それでも最終回
  いいかんげな訳をやめるわけにはいかない。

   ”ボダイシン”はわたしの様な凡人にこそ
   起こっていいものだ。
   縄文時代よりはるか前からの
   想像しただけで気の遠くなる
   様々な原因が積み重なって
   この日本にぴょっこり生まれてきた。
   それだけでもありがたいのに
   葬儀の仕事を縁として
   お釈迦さんの仏教にちょっぴり逢う事ができた。
   しかし、今の日本
   どんどんおかしくなっていき
   仏教書を読んでみた所で、如何ともし難い。
   本当に立派な
   指導者=ボサツさんが必要だ。
   本当にボサツさんとよべる人は
   ”肌の色”は関係がない。
   ”武部幹事長”のようなかっこ悪い人でも
   ボサツさんであればいいのだ。
   欠点ばかりみず
   まっさらなこころでみてみれば
   自然とわかる。
   ”ボダイシン”はみせびらかす様な
   ものではないから
   ワイロなど受け取らなくても
   天下りなどしなくても
   余計なことは思い煩わないのだ。
   ボサツさんはお釈迦さんの教えにより、
   各時代時代にポンポンあらわれ
   わたしたちをみちびいてくれた。
   古典はこんな変な訳と違い
   1000年、2000年と情報の歴史が古いもので
   その中の一字一句はとても重要だ。
   ましてや
   こんな時こそ
   2000年以上の叡智
   仏教が大切にされなければならない。
   中国の揚宝さんは小鳥をたすけたところ
   その恩返しで、四代にわたり
   政府の高官になった。
   亀を助けて、竜宮城へいったり
   鶴が恩返ししたり
   動物だって生まれてきて
   世話になった人に恩返ししている。
   凡人のわたしだって
   生まれてきた事に感謝し
   その恩をかえさなければいけない。
   それはどのようにすればいいのか?
   特別な事をする必要はない。
   朝太陽があがり月はしずむ
   魚は大海で群れ、海水はプランクトンを育む
   風が吹き、タンポポの種は
   空中鳥と共に舞う
   そこに生きている事に感謝し
   お金の事だけにこだわる様な人間にはならない事だ。
   光の速度は
   ”2.95×10の8乗m/s”
   だ。
   もろもろの事象は
   方向性をもって流れていき
   エントロピーは増大する。
   われわれの命は
   葉っぱのうえの雫のようなものだ。
   現在の技術ではタイムマシンなどつくれない。
   なんの気なしに100歳までいきても無駄でお金が掛かる。
   お年寄りの自己負担額は増すばかりだ。
   ”ものより思い出”というCMは
   実は車の宣伝・ものを買わせる宣伝だ。
   ”充実した一日”は”百歳の生”にも匹敵し
   瞬時は無限となる。
   これが実感できればいいのだが
   私などはまだまだだ。
   つまり余計な事をせず、
   凡人の私にもそんな能力が眠っている事は、
   ほとけの慈悲であり
   そんな凡人のわたしはプライドを持つ事だ。
   わたしのなかにほとけはある。
   いろんなほとけは光の速度で
   たち現われ、なんにもしなくても
   私とともにある。
   だから、わたしの何気ない行為それすら
   ほとけのしわざであり、ほとけそのものだ。
   ほとけの王
    お釈迦さんと
     ピカーンと一体になるとき
   それが”即心是仏”だ。
   瞬時は無限となり
   露の命は永遠の生命を得る。
   これは
   過去、現在、未来にわたり
   どこの世、地獄だって変わりない。
    お釈迦さんとピカーンと一体になるのだ。
   よくよくかんがえてみると
   人間みなお釈迦さん
   だれが、だれが、と考えても始まらない
   灯台もと暗し
   なんだ
    そうだったんだと
   20秒だけ考え
   合掌するのもいいだろう。

    これがずっとできればほとけなのだが
    人間なかなか難しいようです・・・・・・・・・・。

仏教について最初のページへ
葬儀・生花・花環・本郷金子商店HOMEへ