本郷4丁目

 菊坂、春日通り、白山通りにかこまれたエリアが本郷4丁目です。
 文学好きにはたまらない、坂に囲まれた地区です。
 樋口一葉の旧居跡、宮沢賢治の旧居跡
 坪内逍遥の旧居跡、金田一京介・春彦の旧居跡
 戦火も免れ、現在も残る路地での住まい。
 それは気軽にタイムスリップなどとは書けない
 戦後も互いに支えあいながら、生き抜いてきた
 女性の強さのようなものを感じます。

名称をクリックすれば移動します。
本郷薬師 本郷三丁目交差点 明月堂(パン屋さん) ホテル機山館
櫻木神社(桜木神社) 見送り坂・見返り坂 本郷小学校 本妙寺坂
文京区 男女平等センター 天喜 鮒兼 菊坂
文京ふるさと歴史館 諸井邸 文京区立真砂中央図書館 炭団坂
路地と樋口一葉旧居 菊水湯 あぶみ坂 ゑちごや
宮澤賢治旧居跡 真砂坂(東富坂) 尚美学園 真砂市場
都営三田線 春日駅

E.T.C.
有限会社 大洋社・・・印刷・製本なら

<文京区民のページへ>

<ホームページTOP>
●本郷薬師
本郷薬師 山門 本郷薬師
提灯と山門はすごいのですが・・・ お堂の中にお薬師さまいらっしゃいます。
本郷薬師 由来 お墓
本郷薬師の由来 十一面観音の横にお墓が・・・
十一面観音菩薩と真光寺の説明 十一面観音菩薩像
坐像の十一面観音さまです。

 本郷薬師
 東京都文京区本郷4-2と37との間
 
 十一面観世音菩薩
 文京区本郷4-37(本郷薬師から向かって右手約30m)

 真光寺というお寺が現在まで残っていれば
 本郷も巣鴨に負けずおばあちゃんの六本木だったかもしれません。

 寛文十年(1670年)、薬師堂が建立
 当時は幕府内に奇病(マラリア)が蔓延し、病に倒れる者数知らず
 そこでお薬師様に祈願、病気が治まる

 本郷夜市は著名なり、連夜商人露店を張る
 毎月八日、十二日、二十二日は薬師の縁日なり
 縁日の夜は、殊に雑踏を踏むなり

 と碑にあります。
 真光寺は戦火を被り、世田谷給田に移転したそうです。
 私は真光寺が現在どうなっているか調べてみましたが
 ネット上では、所在をつかむ事はできませんでした。

 観音さまについてはこちらをご覧下さい
<ページのTOPへ>
本郷三丁目交差点
本郷三丁目交差点

 本郷三丁目交差点
 本郷通り本郷二丁目側から撮影
 左手に本郷薬師です。
 左右は春日通り(右上野方面)

<ページのTOPへ>
明月堂
本郷 明月堂 パン屋さん

 ●明月堂(パン屋さん)
 〒113-0033 東京都文京区本郷4-37-14
 TEL 03-3811-5539
 
 創業明治25年というから驚きです。
 甘食が人気です。
 右手にはパチンコ屋さんアバンザがあります。
 パチンコ屋さん横から菊坂がだらだらと始まります。

<ページのTOPへ>
●ホテル機山館
ホテル機山館
本郷薬師脇にあります

 ●ホテル機山館

 〒113-0033 東京都文京区本郷4-37-20
 TEL 03-3812-1211
 FAX 03-3816-1218

 本郷通り三丁目交差点すぐです。
 本郷薬師の脇にあります。
 「風林火山」武田信玄の法名
 「法性院機山信玄」からその名を拝したそうです。
 本郷にはホテルや旅館が数多くあります。
 就学旅行、受験、野球観戦、観光・・・・とその用途は様々です。
 本郷三丁目の駅に近い機山館は
 本当に便利だと思います。

<ページのTOPへ>
櫻木神社(桜木神社)
櫻木神社 がんばる受験生へ 本郷 櫻木神社
「がんばる受験生へ」の旗が ご夫婦で参拝されていました。
石碑 櫻木神社 縁起略記 見送り稲荷
櫻木神社縁起略記、石碑があります。 後ろに見送り稲荷があります。

 ●櫻木神社(桜木神社)
 〒113-0033 東京都文京区本郷4-3-1
 TEL03-3811-8535

 桜木神社は約500年前
 太田道灌
 江戸築城の際、菅原道真公を京都北野の天満宮より
 同城内に勧請しました。
 その後、湯島高台なる旧桜の馬場の地に移り
 、綱吉が湯島昌平坂学問所を設立
 真光寺内の現在の地に遷座したそうです。

 鳥居の前には旗があり
 キットカットの”サクラサク”キャンペーンで
 受験生をはげましていらっしゃいました。

 神社後方には見送り稲荷があります。
 見送り坂から命名されたのでしょう。

<ページのTOPへ>
見送り坂・見返り坂
見送り坂・見返り坂 見送り坂・見返り坂説明

 ●見返り坂・見送り坂
 文京区本郷4-37先 本郷通り

 碑には
 「むかし太田道灌の領地の境目なりしといひ伝ふ。
 その頃、追放の者など、此処より放せしと・・・・・
 いずれのころにかありし、
 此辺にて大きなる石を掘出せり、
 是なんか別れの橋なりしといひ伝へり。
 太田道灌の頃罪人など湖の此所よりおひはなせしかば、
 ここよりおのがままに
 別るるの橋といへる儀なりや。」とあります。

 要するにここから、罪人の方は江戸追放の罰を受けたようです。
 この辺には、今の東大から菊坂方面へ
 小川が流れていたそうです。
 そこに橋が架かってあり、それを別れ橋とよんだとあります。

 見送る側が本郷三丁目
 振り返る側が本郷四丁目-37から先になります。

<ページのTOPへ>
●本郷小学校
本郷小学校 本郷小学校 春日通り沿い校門
とても近代的な小学校です。 春日通り沿い入り口
本郷小学校 薬師裏入り口
本郷薬師裏入り口
 
 本郷小学校
 〒113-0033 東京都文京区本郷4-5-15
 TEL 03-3813-7551
 FAX 03-5689-4552

 春日通りからはわかりずらいのですが、
 本妙寺坂の方へすすめば、立派な建物がみえます。
 
<ページのTOPへ>
●本妙寺坂
本妙寺坂 本妙寺坂説明
工事をしていました。 本妙寺坂看板

 ●本妙寺坂
 工事をしていました。
 春日通りから菊坂までは下ります。
 菊坂からは元本妙寺があった場所まではのぼりです。

 現在の本妙寺はこちらです。
 明暦の大火の火元となったお寺とされています。
 諸説あるようです。
 しかしこの明暦の大火の後、江戸は新たな都市計画により
 生まれ変わります。

 阪神大震災の後の耐震強度偽装は、
 犠牲者の魂、その悲痛な叫びを無視するものです。
 死者を忘れていては、現在生きているわれわれは
 傲慢にならざるを得ません。

 戦時中の死者、広島の死者、長崎の死者・・・を忘れた
 憲法改正論議はとても危険です。
 あらたな力が抑止力になるのなら
 その先にあるのは
 終わりなき軍拡です。

<ページのTOPへ>
●文京区 男女平等センター
文京区 男女平等センター 文京区 男女平等センター

 ●文京区 男女平等センター
 〒113-0033 東京都文京区本郷4-8-3
 TEL 03-3814-6159

 男女平等センターというものが存在するという事は
 文京区において男女平等が実現されていないという事でしょうか?
 男女平等と言葉にすれば簡単なのですが、
 これは果たして実現できるものなのでしょうか?
 男女とも五分五分なら実現可能だと思います。
 
<ページのTOPへ>
●天喜
天喜 天ぷら

 天喜
 〒113-0033 東京都文京区本郷4-5-8
 TEL 03-3811-5421

 明治43年からつづく江戸前天ぷらの老舗です。
 金子が消防団でお世話になっています。
 天ぷらについてはこちらをご覧ください。
 本郷小学校のすぐ隣にあります。
 
<ページのTOPへ>
●鮒兼(うなぎ)
鮒兼 うなぎ
鮒兼(ふなかね)

 鮒兼
 〒113-0033 東京都文京区本郷4-6-1
 TEL 03-3811-3851

 こちらも金子が消防団でお世話になっています。
 うなぎ蒲焼の老舗です。
 肉厚なうなぎが良心的な料金で食べられます。

<ページのTOPへ>
菊坂
菊坂 菊坂 一葉
パチンコ屋さん横 一葉文学の説明
菊坂 菊坂 伊勢屋質店
だらだらとくだります 旧伊勢屋質店横から菊坂上の方へ

 ●菊坂
 文京区本郷4丁目と5丁目の間

 こちらはパチンコ屋さん横から西方の方まで
 だらだらとした下りです。
 元々この辺では菊の栽培をしている方が
 大勢いらっしゃったそうです。
 一葉については後程ふれます。
 今ではその跡形もないのですが、菊人形が団子坂(千駄木)あたりで
 展示されていたようです。

<ページのTOPへ>
●文京ふるさと歴史館
文京ふるさと歴史館 文京区ふるさと歴史館

 ●文京ふるさと歴史館
 〒113-0033 東京都文京区本郷4-9-29
 TEL 03-3818-7221
 
 実は上のホームページをご覧いただければ
 文京区の歴史のかなりの部分を網羅できます。
 また歴史館は、入館料が100円と激安ですので
 ぜひご覧ください。
 館は春日通りから少し入った炭団坂上にあります。

<ページのTOPへ>
諸井邸
諸井邸 諸井邸
お屋敷としかよべません 確認できにくいのですが牛乳受けも古いです
 
 ●諸井邸

 これはお屋敷としかよべません。
 炭団坂の上にあります。
 ちなみに文京区ふるさと歴史館とは
 まったく関係がありません。
 諸井さんは秩父セメントの創業一家だそうです。
 保存の意志がなければ現在でこの状態は保てません。
 
<ページのTOPへ>
文京区立真砂中央図書館
文京区立真砂中央図書館 文京区立真砂中央図書館
左には消防団納庫があります。 真砂児童遊園

 ●文京区立真砂中央図書館
 〒113-0033 東京都文京区本郷4-9-29
 TEL 03-3818-6801

 諸井さん邸の前にあります。
 普通の図書館ですから別に書くことはないのですが、
 図書館脇には本郷消防団第二分団
 の格納庫があります。

<ページのTOPへ>
●炭団坂
炭団坂 上真砂町会会館
炭団坂(菊坂方面へ) 上真砂町会会館
坪内逍遥旧居 説明 坪内逍遥旧居 脇 小道
坪内逍遥旧居・常盤会跡 坪内逍遥旧居脇小道
炭団坂 説明 炭団坂 登り
炭団坂 春日通り方面へ(登り)

 ●炭団坂
 文京区本郷4-10と4-35の間
 
 炭団というものは私の田舎では
 豆炭といっていました。
 鍋の底が網になっているものでガスにかけて火をつけ
 コタツなどに利用していました。
 この炭団坂は
 ※炭団などを商売にする者が多かった。
 ※雨の日、急な坂で転び落ち、炭団のようにたった。
 などの理由からそう呼ばれる様になったそうです。

 坂の上には坪内逍遥の旧居跡があります。
 坪内逍遥といえば「小説神髄」での小説芸術論ですが
 シェークスピアの翻訳をなさった事でも有名です。

<ページのTOPへ>
●路地と樋口一葉旧居
菊坂 路地 ご迷惑にならないようお願いします
路地を縦に菊坂と平行する路 ご迷惑にならないようお願いします。
一葉 井戸 一葉 井戸の上 民家
一葉も使ったとされる井戸 井戸の上です
一葉井戸 樋口一葉 菊坂旧居 説明
井戸から路地を 一葉の菊坂旧居跡の碑

 ●路地
 文京区本郷4丁目28〜35近辺

 ここを歩くとどうしても
 中上健次の「千年の愉楽」を思い出します。
 オリュウのオバは現在も本郷にいらっしゃいます。
 路地にはそれぞれおもいおもいの鉢植えが溢れます。

 樋口一葉旧居跡
 文京区本郷4丁目32・31

 「廻れば大門の見返り柳いと長けれど、
 お齒ぐろ溝に燈火うつる三階の騷ぎも手に取る如く・・・・」
 で始まる「たけくらべ」はあまりに有名です。

 5000円札になった一葉のここでの生活を考えると
 なんともいえません。
 実際一葉はプライドが高かったとみえ
 彼女の母などが針をもったようです。
 日本人初の女流職業作家となります。

<ページのTOPへ>
●菊水湯
菊水湯 菊水湯 コインランドリー
写真じゃわかりませんが、煙突がすごいです。 コインランドリーもあります。

 ●菊水湯
 〒113-0033 東京都文京区本郷4-30-16
 TEL 03-3815-2637

 煙突が遠くからでも確認できます。
 ホームページを見ると
 富士山が素敵です。
 銭湯というものはこういうものだったと思います。

<ページのTOPへ>
●あぶみ坂
あびみ坂 鐙坂 説明
とても急な坂です 鐙坂の説明
鐙坂 民家 あぶみ坂
こちらもまた古い建物です 曲がった様子が鐙(あぶみ)に似ているそうです
金田一京助・春彦旧居 説明
金田一先生が住んでいらっしゃいました。
ベランダと猫 菊坂児童遊園
ベランダと猫 児童遊園

 ●あぶみ坂
 文京区本郷4-20と30・31の間

 急な坂道です。
 下る左手は石垣に覆われています。
 途中に大正建築のとても古い2階建ての家があります。
 また、金田一京助・春彦先生の旧居跡があります。
 ずっと下っていった路地で
 ベランダで猫が気持ちよさそうに日向ぼっこしていました。

<ページのTOPへ>
●ゑちごや
ゑちごや

 ●ゑちごや
 〒113-0033 東京都文京区本郷4-28-9
 TEL 03-3812-7490

 菊坂を下り終わる頃にある甘味処です。
 クリームあんみつが目玉商品らしいですが
 なにせ男なのでいただいた事はございません。
 創業1877年といいますから、
 創業130年これは大変な事だと思います。

<ページのTOPへ>
●宮澤賢治旧居跡
宮沢賢治旧居 説明 宮沢賢治 旧居

 ●宮澤賢治旧居跡
 〒113-0033 東京都文京区本郷4-35-4

 宮澤賢治が東京で暮らしていた場所です。
 賢治は熱烈な「法華経」信者でした。
 中学生の頃「法華経」を読み
 えらく感動し、信仰を深めたようです。
 童話の背景には、「法華経」があります。
 東京でも布教活動をします。
 ここでは「かしわばやしの夜」、「どんぐりと山猫」などが
 書かれたそうです。

<ページのTOPへ>
●真砂坂
真砂坂 真砂坂
下れば文京区役所です 公衆トイレ上の階段から

 ●真砂坂
 本郷二丁目と四丁目の間

 坂上の商店会は真弓商店会といいます。
 白山通りまでグンとくだります。
 真ん中の植え込みの場所は元都電の線路です。

<ページのTOPへ>
●尚美学園
尚美学園 尚美学園

 ●尚美学園
 東京ミュージック&メディアアーツ尚美
 〒113-0033 東京都文京区本郷4-15-9
 TEL 03-3814-8761(広報部)
 FAX 03-3812-9248
 
 春日の駅周辺、学生さんは
 それっぽい格好をしていますのですぐわかります。

<ページのTOPへ>
●真砂市場
真砂市場 真砂市場 入り口

 ●真砂市場
 〒113-0033 東京都文京区本郷4-15-14(1F)

 文京区公設市場です。
 そのわりに文京区では積極的な広報をおこなっていないようです。
 いろいろなお店があり、
 主に食品がお手ごろ価格です。

 ホームページをもってらっしゃり
 辛口ブログを書いていらっしゃるのは
  村上水産 魚寅のホームページ

<ページのTOPへ>
都営三田線 「春日駅」
三田線 春日駅 白山通り
春日駅 A2出口(真砂市場まえ) A2から、白山通りです
言問通 春日駅
春日駅 A5出口(正面が興善寺会館)

 ●都営三田線 春日駅
 
 A2出口は真砂市場前
 A5出口は菊坂方面へ
 写真の白山通りは奥が巣鴨方面です。
 
<ページのTOPへ>
<ホームページ TOPへ>