本郷7丁目

 本郷7丁目はほぼ東大になります。
 東大はいわずとしれた日本の最難関の大学です。
 膨大な敷地は加賀100万石
 前田藩の江戸上屋敷でした。
 明治4年に屋敷地は明治政府に収公され、
 文部省用地となりました。
 平成19年、写真をとるために東京大学を歩いてみますと
 日ごろの運動不足のせいかへとへとになります。
 三四郎池まで降りると、方向感覚も失われ
 なんとも不思議な気分となりました。
 風が吹くと
 さざなみがたつ、カラスが鳴く、
 鯉は泳ぐ、木は震え、一人ぼっち
 あー、早く帰ろうと思ったのです。

 東京大学
 〒113-8654 東京都文京区本郷7-3-1
 TEL 03-3812-2111(代表)

名称をクリックすれば移動します。
本郷消防署 本富士警察署 稲荷神社 本郷尋常小学校跡
龍岡門 本部棟・他 東京大学医学部附属病院 医2本館
三四郎池へ 三四郎池 安田講堂 工学部
正門 赤門 学士会分館 東洋文化研究所
懐徳館西洋館の基礎 いろいろな通用門 たんぽぽ保育園  


<文京区民のページへ>

<ホームページTOP>
●本郷消防署
本郷消防署 本郷消防署 2
消防署通りのつきあたりです。

 ●本郷消防署
 〒113-0033
 東京都文京区本郷7-1-11
 TEL 03-3815-0119
 FAX 03-3813-4617

 その消防範囲は文京区のおよそ43%だそうです。
 金子が消防団でお世話になっています。
 
<ページのTOPへ>
本富士警察署
本富士警察署 本富士警察署 2

 ●本富士警察署
 〒113-0033
 東京都文京区本郷7-1-7
 03-3818-0110

 本郷警察署とはいわず
 本富士警察署といいます。
 

<ページのTOPへ>
稲荷神社
稲荷神社
 
 ●稲荷神社
 文京区本郷7-2
 
 春日通り沿いにひっそりとあります。
 お稲荷さんに関してはこちらを参考にしてください。

<ページのTOPへ>
本郷尋常小学校跡・区立第四中学校跡
本郷尋常小学校跡・区立第四中学校跡

 ●本郷尋常小学校跡・区立第四中学校跡
 〒東京都文京区本郷7-1-2
 
 湯島小学校の前身です。
 その跡区立第四中学校となり、
 平成10年3月 第四中学校は区立第二中学校と統合しました。

<ページのTOPへ>
●龍岡門
龍岡門 龍岡門をすぎて
春日通りから龍岡門に入る通り 龍岡門をすぎて

 ●龍岡門
 
 内田祥三岸田日出刀の設計により1933年建築されたようです。
 私は葬儀屋ですので、
 東大病院まで故人をお迎えに行く事があります。
 なんども、東京寝台自動車の運転手さんと
 この門をくぐっています。
 自動車で東大構内に入るのはこの門が主となります。

<ページのTOPへ>
●本部棟・他
東京大学 本部棟 東京大学内 ローソン
本部棟 学内にローソンが
山上会館龍岡門別館
山上会館龍岡門別館

 ●本部棟・他
 
 学内にローソンがあるのはとても便利だと思います。
 東大病院へお見舞いの方もここでちょっとした買い物ができます。
 

<ページのTOPへ>
●東京大学医学部附属病院
東大附属病院 外来診療棟 東大附属病院 中央診療棟
病院外来診療棟 奥が新築された中央診療棟です。
東大病院 入り口 東大病院 医図書館
医図書館

 ●東京大学医学部附属病院
 〒113-8655 東京都文京区本郷7-3-1
 TEL 03-3815-5411

 それこそ日本最先端の医療でしょう。
 医療の技術は日々進化しなければならないのでしょうか?
 癌が簡単に治療できるようになる。
 脳の血管の修復に遠隔操作のミクロロボットが活躍する。
 それは更なる高齢化社会を生むことになります。
 人間の生への欲求・執着はとどまる事をしりません。
 大量発生したネズミは集団自決の方法をとる。
 それが人間にとっての戦争かもしれません。
 長生きする事はなぜしあわせなのか?
 の視点も必要でしょう。

<ページのTOPへ>
●医2本館
医2本館 東大
赤門の正面です こちらはよくわかりません

 ●医2本館

 東大の多くの建物はこのようなアーチ形
 の入り口になります。

<ページのTOPへ>
●三四郎池へ
三四郎池へ階段 七徳堂
三四郎池に下りていきました。 するとこのような建物が(多分七徳堂)
東大 芝運動場 三四郎池への道
芝の運動場(すごいですね)がみえてきます。 またまた暗くなります。
山上会館
これは多分山上会館だと思います。

 ●三四郎池へ
 
 三四郎池はかなり下った場所にあります。
 当然直線では下りられませんから、
 右へ、左へだんだんと下ります。
 その途中いろいろなものがありました。

<ページのTOPへ>
●三四郎池
三四郎池 三四郎池 2
三四郎池 3 三四郎池 4
少年が鯉にえさを(カラスが横取りしました) そして誰もいなくなった。

 ●三四郎池
 
 「うとうとして目がさめると女はいつのまにか、
 隣のじいさんと話をはじめている。・・・・・」
 で始まる夏目漱石の「三四郎」にたびたび登場します。

 英文でも説明されている(さすが東大)
 その説明を読みますと
 正式名称は「育徳園心字池」
 
 −園中に八景、八境の勝があって、その泉水・築山・小亭等は
 数奇をきわめたものだといわれている。池の形が「心」という字
 をかたどっており、、、-
 
 ちなみに東大駒場には「一二郎池」があります。

<ページのTOPへ>
●安田講堂
安田講堂 安田講堂 2

 ●安田講堂
 
 やはり東大安田講堂事件が有名でしょう。
 学生が占拠したのが1969年
 私が生まれたのは1970年ですから
 生前の出来事です。
 なぜこの時代は熱かったのでしょう?
 憲法改正は着々と進んでいます。
 本当に「美しい国」になれるのでしょうか?

<ページのTOPへ>
●工学部
東京大学 工学部 工学部 2
工学部 銅像 東京大学 通路
 
 ●工学部
 安田講堂左側の建物群は工学部関連の施設のようです。
 
<ページのTOPへ>
正門
東京大学 正門 東京大学 前 歩道

 ●正門

 本郷通り沿いにあります。
 東大の塀は右の様にとても見事です。

<ページのTOPへ>
●赤門
東京大学 赤門 赤門 2
赤門 3

 ●赤門

 赤門と言えば東大、東大と言えば赤門でしょう。
 毎日本郷通りをバイクで通るのですが
 皆さん記念撮影をされていたり、観光のバスが止まっていたりします。
 
 
<ページのTOPへ>
●学士会分館
学士会分館
本郷通りは前方です。

 ●学士会分館
 〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1(東京大学構内赤門隣)
 03-3814-5541

 夏になるとビアガーデンのイベントがあります。
 どうも旧帝大を卒業された方々が
 社団法人として運営されているようです。
 
 
<ページのTOPへ>
●東洋文化研究所
東洋文化研究所 東洋文化研究所 2
獅子像がいらっしゃいます。 右奥は総合研究博物館です。

 ●東京大学東洋文化研究所
 
 獅子像が2体いらっしゃいます。

<ページのTOPへ>
●懐徳館
懐徳館 懐徳館 2

 ●懐徳館
 
 加賀前田藩のお屋敷は和館と洋館があったらしのですが
 戦争で遺失しました。
 懐徳館は戦後建てられたものらしいのです。
 

<ページのTOPへ>
●懐徳館西洋館の基礎
懐徳館西洋館の基礎 懐徳館西洋館の基礎 説明

 ●懐徳館西洋館の基礎
 
 これは発掘された物らしいです。
 「重厚で頑丈な基礎は、かつての優れた西洋館の
 姿を偲ばせるわずかな遺物」である」
 とあります。確かにとても頑丈そうでした。

<ページのTOPへ>
●いろいろな通用門
東大 鉄門 東大 池之端門
鉄門 池之端門
東大 弥生門 東大 弥生門
弥生門 弥生門

 ●いろいろな通用門

 東大に入るには、龍岡門の他に
 鉄門、池之端門、弥生門があります。

<ページのTOPへ>
●たんぽぽ保育園
たんぽぽ保育園

 ●たんぽぽ保育園
 〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1
 TEL 03-3812-4091
 FAX 03-3812-6496
 
 東大の鉄門の方にあります。
 そばを通ったら園児の泣き声がしていました。
 
 <ページのTOPへ>
<ホームページ TOPへ>