浄土真宗

蓮如上人
蓮如上人
親鸞聖人
親鸞聖人

阿弥陀如来
阿弥陀如来

九字名号
九字名号
十字名号
十字名号




だれが始めたの?(宗祖)

親鸞です。ただ親鸞はあくまで法然を師とし、「浄土宗」の教えを自分なりに高めていくことを考えていたので、「宗派」をたてるとまではおもっていなかったようです。「浄土宗」のなかの教義論争により、親鸞が宗祖の一宗派として独立していきます。

1173年、親鸞は京都山科区日野にうまれました。幼名を松若丸といい、幼いときに両親を亡くします。9歳で京都東山の青蓮院を訪れ得度します。

「明日ありと  思う心の  あだ桜  夜半に嵐の  吹かぬものかは」

そのときこの有名な歌をのこします。

その後比叡山で修行を続けますが(20年)、絶望し、わが身が救われる道があるのか29歳のとき京都六角堂にこもり救世観音に祈念します。そのとき救世観音(聖徳太子か?)があらわれ、「阿弥陀如来の救い」(女犯の救済)を確信し、法然のもとに参じました。

1207年、浄土宗のところでもふれましたが、法然、親鸞たちは流罪となります。親鸞は新潟へ流罪となりました。そのとき僧籍を剥奪されみずからを「愚禿親鸞」とよび、この地で結婚し(恵信尼)、子をもうけます(京都で結婚したという説もあります。)これは、当時の仏教者としてはあるまじき行為でありますが、一人の人間としては当たり前の行為です。

1214年新潟をでて、約20年関東で布教活動をし、弟子たちをのこして妻恵信尼とともに京都へもどり「教行信証」を脱稿(1224年この年を開宗のときとする)。76歳のとき「浄土和讃」「高僧和讃」をかきのちに「正像末和讃」をまとめます。これは「三帖和讃」と総称されます。

異端の影響を受けた息子(善鸞)との絶縁、妻恵信尼の帰郷などなにか宗祖親鸞としてあがめられる姿ではなく、人間それこそ「愚禿親鸞」としての姿はわたしはもっとたくさんあるように思えます。90歳でおなくなりになり、火葬されました。

教団としては八世蓮如により発展していきます。織田信長の本願寺攻めなどは大教団として確立していたからでしょう。その後政治的理由で東本願寺西本願寺にわかれるなどありますが、その基本的教義はあまりかわらないだろうとしろうとのわたしにはおもえますので、浄土真宗(西本願寺)と真宗大谷派(東本願寺)とこのページもわけませんでした。

※蓮如さんの御文に白骨の章というものがあります。浄土真宗系の葬儀でかならずお寺さんがよまれます。「あなかしこ、あなかしこ」と2回連呼すれば終わりますので、われわれ葬儀屋は次にする、しなければならないことを考えます。

この文章には、はっとするところがあります。さほどながくはありませんので、全文掲載します。

それ、人間の浮生(ふしょう)なる相(すがた)をつらつら観ずるに、凡(おおよ)そはかなきものは、この世の始中終(しちゅうじゅう)、幻の如くなる一期なり。されば未だ万歳(ばんざい)の人身をうけたりという事を聞かず。 一生過ぎ易し。今に至りて、誰か百年の形体を保つべきや。我や先、人や先、今日とも知らず、明日とも知らず、おくれ先立つ人は、本の雫(もとのしずく)・末の露(すえのつゆ)よりもし繁しといえり。されば、朝(あした)には紅顔ありて、夕(ゆうべ)には白骨となる身なり。すでに無常の風来りぬれば、すなわち二つ(ふたつ)の眼たちまちに閉じ、一の息ながく絶えぬれば、紅顔むなしく変じて桃李の装いを失いぬるときは、六親(ろくしん)・眷属(けんぞく)集まりて嘆き悲しめども、さらにその甲斐あるべからず。さてしもあるべき事ならねばとて、野外に送りて夜半の煙と為し果てぬれば、ただ白骨のみぞ残れり。 あわれというも中々おろかなり。されば、人間のはかなき事は老少不定のさかいなれば、誰の人も、はやく後生の一大事を心にかけて、阿弥陀仏を深くたのみまいらせて、念仏申すべきものなり。あなかしこ。あなかしこ。

教えは?

自分は浄土にうまれるため一生懸命「南無阿弥陀仏」と唱えます。そうすれば「阿弥陀如来」は必ず自分を極楽浄土へ導いてくれるはずです。

ここにはまだ「自分」=「自力」があるのでは「阿弥陀如来」の慈悲はもっと大きいはず。ただたんに「阿弥陀如来」の慈悲を信じ、「阿弥陀如来に帰依」した感謝の念で「南無阿弥陀仏」と唱えるものとします。

完全な信によりすべてを「阿弥陀仏」の他力におまかせする。そのおまかせの境地にいたれば自然と「南無阿弥陀仏」と口からでるものだと考えます。

浄土真宗はイメージとして簡単な宗派でしょうか?そこでは「阿弥陀仏」と唱えれば必ず救われるということは保証されません。自力の余地は一点も残されていないからです。そのかわりに、他力だからこその絶対的信が要求されます。肉食妻帯、頭を丸めない、これはそうすべきだからそうしているのではなく、一度自分はそのような人間であることを認める痛みをともなうものであるはずです。 として自分に絶望したが、阿弥陀如来のはそのような自分を救うほど大きい。信じ、おまかせすることでこころのなかで聖と俗が交差する点がうまれる。そこではじめて「南無阿弥陀仏」となり、はじめて、肉食妻帯、頭をまるめない生活ができる。あらゆる宗教の本質にかかわる問題ですので、これは決して簡単なことではありません。

善人なおもて往生をとぐ、いわんや悪人をや

これはましてや難しい考えです。

ご本尊は?

もちろん阿弥陀如来です。

浄土真宗の本山は?

真宗大谷派「お東さん」:
東本願寺:京都市下京区烏丸通七条上ル常葉町754
浄土真宗本願寺派「お西さん」:
西本願寺:京都市下京区堀川花屋町下ル

お仏壇の飾り方

仏壇 「お西」
お西の仏壇

東京でこれだけ飾れるお家はあまりありません。大切なことはご先祖様に対する感謝の気持ちです。仏壇がりっぱでもお参りしなければただの箱です。


仏壇 「お東」
お東の仏壇

東京でこれだけ飾れるお家はあまりありません。大切なことはご先祖様に対する感謝の気持ちです。仏壇がりっぱでもお参りしなければただの箱です。


金子商店問合せフォームへ 0120-18-7837までお電話ください

どんなご質問でも・どんな依頼でも・早朝でも・深夜でも
ご遠慮なさらず金子商店までご連絡ください
創業120年  本郷金子商店株式会社は365日24時間年中無休です

仏教について最初のページ<この(浄土真宗)ページTOPへ>

葬儀生花・ご供花のご注文

各斎場へご供花を FAXで注文

金子商店火葬のみセット

火葬のみの葬儀をご希望の方

あんしんセット・マイパック

あんしんとてもお得なセットです

社長のブログ

毎日更新しています

Contents

会社案内

料金のご案内

葬儀の心得

葬儀式場案内

区民葬のご案内

神葬祭

仏教について

文京区民のページ

社葬

if共済会

個人情報

お墓

リンク(感謝)