お通夜の服装

お通夜の服装
お通夜・告別式の服装

服装ではあまり悩まないと思いますので要点を

女性が喪服(和服)を着るのは大変だということです。 私は男ですので 本当の大変さはわかりません。 でも、みてると大変そうです。 特に、夏、お寺の本堂での葬儀 これはあきらかにつらそうです。 和服を着るのはすばらしい事だと思います。 しかし、身近な人の死で、精神的、体力的にまいっているとき 普段、和服を着慣れない方が和服を着るのは やはり大変です。

故人の無事を思う気持ちは 服装に左右されません。 わたしは夏冬には洋服をおすすめします。

あと、参列される一般のご会葬の方 黒服じゃないといけないのか? これは、そんな事はありません。 お通夜は平服で十分です。

パンクロックが好きでバンドを組んでいた男の子が 仮になくなったとします。 マナーではあくまで派手な服装は禁止です。 しかし、バンドのメンバーはやはり 髪を立て、普段のステージ衣装で参列したいのでは・・

マナーなんてだれがきめたかわかりません。 こうすれば、波風がたちませんというものです。 故人に対するスジを通す事が大切なのであって、 それがほんとのマナー 思いやりだとおもいます。

金子商店問合せフォームへ 0120-18-7837までお電話ください

どんなご質問でも・どんな依頼でも・早朝でも・深夜でも
ご遠慮なさらず金子商店までご連絡ください
創業120年  本郷金子商店株式会社は365日24時間年中無休です

葬儀の心得<お通夜の服装TOPへ>

葬儀生花・ご供花のご注文

各斎場へご供花を FAXで注文

金子商店火葬のみセット

火葬のみの葬儀をご希望の方

あんしんセット・マイパック

あんしんとてもお得なセットです

社長のブログ

毎日更新しています

Contents

会社案内

料金のご案内

葬儀の心得

葬儀式場案内

区民葬のご案内

神葬祭

仏教について

文京区民のページ

社葬

if共済会

個人情報

お墓

リンク(感謝)