遺留分

遺留分
遺留分

それでは、遺言があれば被相続人が自分の自由に財産を 相続させることができるか? これは、そんな事はありません。

■法定相続人と遺留分の割合
配偶者と子 遺言で自由に処分できる分1/2 配偶者1/4 子1/4
配偶者と父母 遺言で自由に処分できる分1/2 配偶者1/3 父母1/6
配偶者と兄弟・姉妹 遺言で自由に処分できる分1/2 配偶者1/2
配偶者のみ 遺言で自由に処分できる分1/2 配偶者1/2
子のみ 遺言で自由に処分できる分 1/2 子1/2
父母のみ 遺言で自由に処分できる分2/3 父母1/3
兄弟・姉妹のみ すべて遺言で自由に処分できます

■相続人が取得できる最低限度の相続分を、遺留分といいます。

上の表の通り遺留分はあるわけです。 しかし、被相続人の「兄弟姉妹」これは、法定相続人になれても 故人が遺言で、他の人に相続させることが可能です。 兄弟仲良くしておくのが無難ですね。

遺留分を無視し、遺言が書かれた場合、 遺留分権利者は、他の相続人や 遺贈を受けた人に対して、 自分の侵害された分を請求しないかぎり遺言は有効です。 請求期限は自分の遺留分が侵害されているとわかった時から1年 相続開始のときから10年です。

相続開始前の相続放棄は認められませんが、 遺留分の放棄は認められています。 しかし、推定相続人の意思を確認する家庭裁判所の許可を 必ず受けなけければなりません。 その事で、初めて自分の自由意志で 遺言ができます。

金子商店問合せフォームへ 0120-18-7837までお電話ください

どんなご質問でも・どんな依頼でも・早朝でも・深夜でも
ご遠慮なさらず金子商店までご連絡ください
創業120年  本郷金子商店株式会社は365日24時間年中無休です

葬儀の心得<遺留分についてTOPへ>

葬儀生花・ご供花のご注文

各斎場へご供花を FAXで注文

金子商店火葬のみセット

火葬のみの葬儀をご希望の方

あんしんセット・マイパック

あんしんとてもお得なセットです

社長のブログ

毎日更新しています

Contents

会社案内

料金のご案内

葬儀の心得

葬儀式場案内

区民葬のご案内

神葬祭

仏教について

文京区民のページ

社葬

if共済会

個人情報

お墓

リンク(感謝)