事前の心構え

相談、打ち合わせ
事前相談

医師は担当する患者の「死期」が近づくと家族に危篤状態であることを告げます。 親しい人が「死」と戦っている時、元気な家族にできることは実はあまりありません。無事を祈る以外方法がありません。 友人・知人も無事を祈りながら日常の生活をするしかありません。 祈る対象はまちまちであっても 祈るという行為は人間共通です。

「死」の周辺(宗教・体験・闘病記・遺族の想いなど)ついては様々な書籍などがあります。 ですから「親しい人の死」へ対峙する家族のおもいなどはそちらを参考にしてください。

「人間はいろいろな考え方をしますから  冷たい・やさしい・・・など自分を型にはめないでください。  親しい方がなくなられても涙がでないから  冷たい人間だなんてことはありません。  「安心」してもいいとおもいます。」

家族ができることは「臨終に立ち会う方」のリストアップでしょう。 よく三親等は連絡すると書かれているマナー本をみますが 「危篤者の身になって」来てもらう人を決めます。 (実際はわかりませんが・・・・・)

リストアップの例
氏名 電話番号 勤務先の電話番号 備考
金子 太郎 03-0000-0000 03-0000-0000 携帯電話
090-0000-0000
金子 花子 03-0000-0000 03-0000-0000 携帯電話
090-0000-000

どんなに親しいからといって 危篤を知らせないほうがいい場合もあります。

  1. 高齢で病気療養中の方
      ショックを受け病状が悪化する可能性もあります。
  2. 産前産後の方
      こちらもショックを受けられたらたいへんです。
 

お知らせする場合は、十分な配慮が必要です。


事前の心構えなどなく突然親しい方がなくなられる場合があります。 事故・突然死・自殺など理由は様々です。 残されたご家族の喪失感は大変な物でしょう。 私には経験がありません。

我々葬儀屋にできることは無事に葬儀を終えられるよう 最善をつくすだけです。
金子商店問合せフォームへ 0120-18-7837までお電話ください

どんなご質問でも・どんな依頼でも・早朝でも・深夜でも
ご遠慮なさらず金子商店までご連絡ください
創業120年  本郷金子商店株式会社は365日24時間年中無休です

葬儀の心得TOP<この(事前の心構え)ページTOPへ>

葬儀生花・ご供花のご注文

各斎場へご供花を FAXで注文

金子商店火葬のみセット

火葬のみの葬儀をご希望の方

あんしんセット・マイパック

あんしんとてもお得なセットです

社長のブログ

毎日更新しています

Contents

会社案内

料金のご案内

葬儀の心得

葬儀式場案内

区民葬のご案内

神葬祭

仏教について

文京区民のページ

社葬

if共済会

個人情報

お墓

リンク(感謝)