忌中札・神棚封じ

鳥居

忌中札忌中である事を周りにしっていただくため 忌中札を玄関にかかげます。 昔は自宅での葬儀がほとんどですから、 忌中札は意味をもっていたわけです。

ご近所の方も忌中の家に手伝いで集まったものです。 ただ、現在都心での葬儀はほとんどが会館・火葬場で行われます。 自宅での葬儀は本当に少なくなりました。 忌中札は当然意味をなさなくなってきたのです。

葬儀の時自宅をはなれますので、防犯上も好ましくありません。弊社はお客様に以上の事を説明し お客様が必要ならおもちしています。

神道では死を「けがれ」と解釈します。 「けがれ」はぞくにいう穢れ(きたないというイメージ) ではありません。「気枯れ」=「けがれ」と解釈し 家族が肉親の死によって、生命力が減退している状態のことを指します。

自宅にある神棚はちいさな神社です。 神社は神さまが鎮座されています。 そこに「けがれ」が入りこまないよう「神棚封じ」をするわけです。

忌中札封じ方は簡単です。 白い半紙で神棚の正面を隠します。 しめ縄にセロハンテープで貼り付けるなどします。 (神社での神葬祭は絶対にできません)

(ただ実際はやはり穢れであったのでしょう。昔は土葬でドライアイスなどありません。 死を穢れととらえ、塩(神聖であると同時に殺菌 作用がある)で清める行為は必然的であったと思われます。 もがりという期間はもがり小屋というところで 骨になるまで風化をまたったそうです。 お清めの儀式は生活の知恵だったのでしょう。)

神葬祭はどのようなものでしょうか?

「人はみな神の子であり、神のおはからいで生まれ 、死により役割を終えれば、神の世界へ帰り、子孫を見守る」 ことが大前提です。よって祭りの要は 故人に家の守護神になっていただくための儀式です。 いま九州地方から人気がでてきました。 儀式として非常にわかりやすい、お布施にあたるお礼が 仏式とくらべ安いなどの理由があります。

金子商店問合せフォームへ 0120-18-7837までお電話ください

どんなご質問でも・どんな依頼でも・早朝でも・深夜でも
ご遠慮なさらず金子商店までご連絡ください
創業120年  本郷金子商店株式会社は365日24時間年中無休です

葬儀の心得<忌中札・神棚封じTOPへ>

葬儀生花・ご供花のご注文

各斎場へご供花を FAXで注文

金子商店火葬のみセット

火葬のみの葬儀をご希望の方

あんしんセット・マイパック

あんしんとてもお得なセットです

社長のブログ

毎日更新しています

Contents

会社案内

料金のご案内

葬儀の心得

葬儀式場案内

区民葬のご案内

神葬祭

仏教について

文京区民のページ

社葬

if共済会

個人情報

お墓

リンク(感謝)