葬儀・告別式の留意点

葬儀・告別式
葬儀告別式の留意点
@服装について
これは略式喪服で済ませる方がほとんどです。 日本人の男性の紋付はかまは ほとんど見なくなりました。 たまにモーニングをみますが1年に1度ぐらいです。 女性の遺族は和服を着る方が多いですが 夏は特に大変ですので、洋服をお勧めします。 礼服を、この日だけは着る事をお勧めします。
A会葬者について
実は、会葬者は、東京の葬儀・告別式は 前日のお通夜の1/3ぐらいになります。
B弔電の紹介について
これは少し考えてみるとおかしな話で 葬儀に参列できないから、弔電を出します。 葬儀に参列できない方のお名前を わざわざ、時間をもうけて、紹介する。おかしくないですか?

政治家、会社の社長、取引先の社長、 が先に紹介され、本当の友人、心がこもった文章は後になる。 政治家の弔電は一番安い緑色の薄っぺらいものです。 文章だって一番短い物 哀悼の意なんか表していません。 名前だって支援者じゃないかぎり、わざわざ読む必要はありません。

それより、本当の友人の弔電を2、3通読んで 終わりにしたいものです。 ありきたりの弔電だけなら、一切読まないのもありだと思います。
C葬儀ナレーションについて
互助会さんなどは冠婚で得たノウハウを 葬儀の場にもちこもうとしました。 ”故人についてのナレーション”です。 感動の演出です。 どのようなものか書いてみます。

「金子花子様の人生それは多くの苦難と悲しみを乗り越えて こられた、尊いご生涯でございました。 花子様はロマンを感じる大正10年10月10日 葬儀屋を営むご両親のもとに、文京区本郷の地で生を受けられました。 何不自由ない少女時代をすごされておいででしたが 花子様、7歳の時にご両親を事故でなくされ それからはご親族の庇護をうけ成長されました。 ・・・」
ここからさらなる感動の演出が 続くのですが、省略します。

われわれ町の葬儀屋はこんなことは絶対しません。 葬儀に参列される方は4分司会者がどんなにがんばって ナレーションを考えようが、それ以上の事を知っているからです。 お涙頂戴の部分だけではなく 故人のずるいところ、いやだったところ 笑えたところ、ずぼらだったこと すけべだったこと、みんな知っているからです。

金子商店問合せフォームへ 0120-18-7837までお電話ください

どんなご質問でも・どんな依頼でも・早朝でも・深夜でも
ご遠慮なさらず金子商店までご連絡ください
創業120年  本郷金子商店株式会社は365日24時間年中無休です

葬儀の心得<葬儀・告別式の留意点TOPへ>

葬儀生花・ご供花のご注文

各斎場へご供花を FAXで注文

金子商店火葬のみセット

火葬のみの葬儀をご希望の方

あんしんセット・マイパック

あんしんとてもお得なセットです

社長のブログ

毎日更新しています

Contents

会社案内

料金のご案内

葬儀の心得

葬儀式場案内

区民葬のご案内

神葬祭

仏教について

文京区民のページ

社葬

if共済会

個人情報

お墓

リンク(感謝)