お寺さんがいらっしゃったら

お通夜の風景
お寺さんがいらっしゃったら

世の中、いろいろな方がいるように お寺さんにもいろいろな方がいらっしゃいます。

  • 車(ハイヤー)で迎えにきてください。
  • お車代もつつんでください。
  • お布施はビタ一文まけません。
  • 酔っ払ったから運転代行たのんでくれ、もちろん喪家もちで。

これら、不条理な事がまかり通る世界でもあります。

すてきなお寺さんもたくさんいらっしゃいます。

  • ああ、勝手にいくから心配しないでください。
  • お布施多すぎるからこれはお返しします。
  • 故人の事ほんとうに考え、受戒するお寺さん。
  • これは、私の荷物ですからわたしがもちます。

どちらに転んでもお経をあげていただきます。 だから、どんなにいやなお寺さんだからといって われわれ葬儀屋は、はーはーとお殿様を扱うような対応をします。 みなさんもそうされた方が無難です。

  • 「お寺さんまだかなー。」
  • 「お、あれそうじゃないか。」
  • 「早く、お寺さんの所へいって鞄をもたなければ。」
  • 「今日はほんとうにお疲れ様でございます。」
  • 「あっ、住職それは私がお持ちいたします。」
  • 「式場はこちらでございます。」
  • 「仏具はこちらでよろしいでしょうか?」
  • 「うえに控え室がございますのでどうぞ そちらでおやすみください。」
  • 「配膳さん、お寺さんにお茶お願いします。」
  • 「本日の打合せをさせていただいてよろしいでしょうか? まず、親族のご焼香ですが何分ぐらいでしょうか?
    ご会葬の方大勢みえられますから 一般の方のご焼香はまかせていただけますか?
    (これは専門用語でおまかせです。) 読経は45分ぐらいですか・・。
    法話はございますでしょうか?
    中天香(ながい線香のこと)は我々でお点けしてもよろしいですか?
    読経がおわったら、お食事はどうされますか?」

以上最低限の対応は葬儀屋がします。 みなさんは、挨拶をきちんとなさってください。 戒名(法名、法号)の話があります。 そのときもきちんとお聞きください。 後は、お帰りになるとき、きちんと見送りすれば大丈夫です。

お布施を渡すタイミングについて

お寺さんだって人間ですから もらうものは、早めにもらってしまったほうが安心です。 あまり現金を持ちあるくのも不安でしょうからお通夜でお渡しするのがよいとおもいます。

金子商店問合せフォームへ 0120-18-7837までお電話ください

どんなご質問でも・どんな依頼でも・早朝でも・深夜でも
ご遠慮なさらず金子商店までご連絡ください
創業120年  本郷金子商店株式会社は365日24時間年中無休です

葬儀の心得<お通夜とはTOPへ>

葬儀生花・ご供花のご注文

各斎場へご供花を FAXで注文

金子商店火葬のみセット

火葬のみの葬儀をご希望の方

あんしんセット・マイパック

あんしんとてもお得なセットです

社長のブログ

毎日更新しています

Contents

会社案内

料金のご案内

葬儀の心得

葬儀式場案内

区民葬のご案内

神葬祭

仏教について

文京区民のページ

社葬

if共済会

個人情報

お墓

リンク(感謝)