危篤、ご逝去の連絡

連絡、メモ
ご逝去の連絡

ご危篤の連絡の手段はもちろん電話です。 連絡しなければならないかたには深夜でも早朝でもかまいません。 遠慮していまうようなら連絡しないほうがいいでしょう。 病院では携帯電話が使える場所もあります。 そちらに移動して連絡をしてもいいとおもいます。

「親しい方」妻・夫・子供などはなるべく危篤の方のそばに 自宅で留守番をしている方に連絡を頼むのも懸命です。

連絡する際に 来て欲しい方には「病院名・電話番号・住所・病室」を忘れずに伝えます。 危篤の連絡だけでしたら、「もしものときは、お手数をおかけします。」 という旨だけお伝えします。

電報は現在「危篤の連絡」には向きません。 もっぱら、祝電や弔電として活躍しています。 「ハハキトクスグカエレ」などとドラマなどでたまに みますが、配達業務の時間がきまっているので 至急の連絡には不向きです。 あれは、演出上の小道具でしょう。

金子商店問合せフォームへ 0120-18-7837までお電話ください

どんなご質問でも・どんな依頼でも・早朝でも・深夜でも
ご遠慮なさらず金子商店までご連絡ください
創業120年  本郷金子商店株式会社は365日24時間年中無休です

葬儀の心得<危篤、ご逝去の連絡ページTOPへ>

葬儀生花・ご供花のご注文

各斎場へご供花を FAXで注文

金子商店火葬のみセット

火葬のみの葬儀をご希望の方

あんしんセット・マイパック

あんしんとてもお得なセットです

社長のブログ

毎日更新しています

Contents

会社案内

料金のご案内

葬儀の心得

葬儀式場案内

区民葬のご案内

神葬祭

仏教について

文京区民のページ

社葬

if共済会

個人情報

お墓

リンク(感謝)