焼香中の挨拶について

焼香中の挨拶
焼香中の挨拶

お寺さんが一生懸命お経を読んでいるときに、ご会葬の方はご焼香されます。ですから、どんなに偉い人がいらっしゃっても、軽く会釈されるだけで十分です。たとえ、総理大臣が焼香に来たとしても、軽く会釈されるだけで十分です。

選挙運動中の議員さんが焼香にきたら、よくみていてください。ずる込みして焼香するなら、投票しないほうがいいでしょう。きちんと並んで順番をまつ。基本的なことができないのに、政治がつとまるはずがありません。

お客様からの質問のなかに
「お通夜であらたっまってする挨拶はあるのか?」
というものがあります。東京の葬儀ではそのような場はありません。お経が終わって閉式したら、係りの方にお礼の挨拶をしてください。

後は、通夜ぶるまいの席で、「本日はどうもありがとうございました。」とご挨拶ください。

金子商店問合せフォームへ 0120-18-7837までお電話ください

どんなご質問でも・どんな依頼でも・早朝でも・深夜でも
ご遠慮なさらず金子商店までご連絡ください
創業120年  本郷金子商店株式会社は365日24時間年中無休です

葬儀の心得<焼香中の挨拶TOPへ>

葬儀生花・ご供花のご注文

各斎場へご供花を FAXで注文

金子商店火葬のみセット

火葬のみの葬儀をご希望の方

あんしんセット・マイパック

あんしんとてもお得なセットです

社長のブログ

毎日更新しています

Contents

会社案内

料金のご案内

葬儀の心得

葬儀式場案内

区民葬のご案内

神葬祭

仏教について

文京区民のページ

社葬

if共済会

個人情報

お墓

リンク(感謝)