町屋斎場の歴史

町屋火葬場・日暮里火葬場・東京博善の門柱と地蔵尊
町屋火葬場・日暮里火葬場・東京博善の門柱と地蔵尊

斎場の西にあらかわの史跡・文化財として説明板があります。そこにはこう記載されています。

町屋火葬場は江戸五三昧(ざんまい)の歴史を伝える。江戸五三昧とは、千駄木・桐ヶ谷・渋谷・炮縁新田・小原塚にあった火葬場をいう。小塚原の火葬場は寛文九年(1669)に下谷・浅草あたりの各寺院から移されたもので、火葬寺・火屋などともよばれた。

明治二十年、周辺の市街化により廃止、二年後に町屋に移転した。一方、火葬場の増設許可が下り、同二十年、東京博善社が日暮里火葬場を新設。その後、同火葬場は町屋火葬場の隣地に移ることになり、同三十七年の移転とともに、町屋火葬場と合併した。

荒川区教育委員会

上の小塚原(南千住)は、四代将軍家綱が寛永寺に墓参りにいき、火葬の臭気にいやになり、下谷・浅草から移転させたそうです。小原塚には火葬寺が20建てられました。20の寺は集団で火葬の仕事をうけおっていたようです。写真の地蔵尊も江戸時代の火葬寺のものかもしれません。

明治二十二年「東京市区改正設計」で、初めて火葬場は都市計画のなかに組み入れられ、桐ヶ谷・代々木・落合・町屋・萩新田の5ヶ所が決定されましたが、公営化はほぼ計画のみで、昭和11年唯一の都営火葬場「瑞江葬儀所」が設置にとどまります。

現在町屋斎場は民間会社鞄結梍資Pによって、経営運営されています。平成6年に改装され、現在もとてもきれいです。会葬にいらっしゃった地方のお客様はびっくりされます。「なんてきれいなんだ。ホテルみたいじゃないか?これは東京都がやっているのですか?」「いえ、いえ、実は民営なんですよ。」「へー、そうなんですか。」

町屋斎場のご案内 【葬儀 生花 本郷金子商店】へ戻る

金子商店問合せフォームへ 0120-18-7837までお電話ください

どんなご質問でも・どんな依頼でも・早朝でも・深夜でも
ご遠慮なさらず金子商店までご連絡ください
創業120年  本郷金子商店株式会社は365日24時間年中無休です

葬儀生花・ご供花のご注文

各斎場へご供花を FAXで注文

金子商店火葬のみセット

火葬のみの葬儀をご希望の方

あんしんセット・マイパック

あんしんとてもお得なセットです

社長のブログ

毎日更新しています

Contents

会社案内

料金のご案内

葬儀の心得

葬儀式場案内

区民葬のご案内

神葬祭

仏教について

文京区民のページ

社葬

if共済会

個人情報

お墓

リンク(感謝)