お焼香・数珠について

お焼香の作法1 お焼香の作法2

お焼香の仕方

東京では遺族・親族が向かって右側・友人他会葬者は左側に着座していることが多いです。まず焼香台近辺まで進み、右(遺族・親族)、左(友人・会葬者)にかるく礼をし、焼香台まで進みます。

  1. 遺影をご覧になり、合掌し礼をします。
  2. 右手でお香をつまみます。(会葬者が大勢の時には少しだけつまみます。)
  3. 額のところまで香を押しいただくのですが、浄土真宗はおしいただきません。また曹洞宗も2回目はおしいただきません。
  4. 香炉に香をくべます。宗派で決められた回数をくべるのですが、会葬者が多い場合1回だけの指定がある場合があります。
  5. 最後にもう一度遺影をご覧になり、気持ちを込めて合掌します。

もう一度左右に礼をし、退きます。

お焼香の回数について

わたしたちが葬儀中によくご会葬の方に聞かれるのは、お焼香の回数です。「お焼香は何回すればいいのですか?」 「お気持ちでいいのでは?」とお答えしても不安そうなお顔です・・・・・。

実際に各宗派まちまちで、しかもお寺によっても違うので、わたしたちも開式前に導師に「お焼香の回数」まで確認はしません。マナーばかり考えるより実際その場で、故人にお別れの気持ちでご焼香するのが一番だとおもいます。

会社の付き合い、取引先、いろいろな理由で義理の参列だとしても、1人の人間の最後として「お疲れ様、いままでご苦労様でした。」とご焼香してください。

こちらはあくまで目安です

宗派によるお焼香の回数
宗派 お焼香の回数
天台宗 特にこだわらない
真言宗 3回
臨済宗 1回
曹洞宗 2回(1回目は額に、2回目はおしいだかず)
浄土宗 特にこだわらない
真宗大谷派 2回(額におしいだかず)
本願寺派 1回(額におしいだかず)
日蓮宗 1回または3回

数珠について

数珠のかけ方

数珠はもともと、お釈迦さまが国王にあたえた、おまじないとそのときに使う道具だったらしのです。それから念仏やお題目を数える道具に変遷します。「百八」の珠からできているのが一般的で、除夜の鐘の数といっしょです。「百八」の煩悩を無くする効果があり、もっているだけで功徳があるそうです。ですから数珠さえもっていけばお通夜は別に平服でもかまわないとおもいます。

こちも気になりだすと止まりません。持っているだけで功徳があるという事を素直に信じる他ありません。

金子商店問合せフォームへ 0120-18-7837までお電話ください

どんなご質問でも・どんな依頼でも・早朝でも・深夜でも
ご遠慮なさらず金子商店までご連絡ください
創業120年  本郷金子商店株式会社は365日24時間年中無休です

<この(お焼香・数珠について)ページTOPへ>

葬儀生花・ご供花のご注文

各斎場へご供花を FAXで注文

金子商店火葬のみセット

火葬のみの葬儀をご希望の方

あんしんセット・マイパック

あんしんとてもお得なセットです

社長のブログ

毎日更新しています

Contents

会社案内

料金のご案内

葬儀の心得

葬儀式場案内

区民葬のご案内

神葬祭

仏教について

文京区民のページ

社葬

if共済会

個人情報

お墓

リンク(感謝)