社葬
式次第と席次・弔辞の依頼・弔電他



空 本郷 金子商店
本郷 金子商店
文京区本郷2-14-9 電話03-3811-7837  e-mail:info@honkane.com

■ 葬儀委員は、僧侶、葬儀社とのあいだで式次第の素案(式当日の時点から解散までの
進行要領案)を決め、係り別の進行またはタイムスケジュールを作成します。その案ができ
ましたら葬儀委員長・副葬儀委員長はじめ実行本部長へ細やかに説明し承認を得て、
速やかに準備に取り掛かりることが大切です。

■ 当日の葬儀参列者の席順も重要です。あらかじめ葬儀への通知状を出した返事が来た
方々の参列者名簿を作成します。椅子の配列などによって遺族側は喪主。会社側では
葬儀委員長、副委員長、本部長、葬儀委員でご相談決定してください。また、委員長、弔辞者、
来賓VIPのお席は事前にお名前を書いた席札を貼り座席指定することが必要です。
そのほかの参列者に関しては立て札にて区分けをして表示します。
  (念のため座席の配列が決定しましたら座席表を作成すると重宝です。
VIPの控え室も把握しましょう!)

■ 呼名焼香につきましても席順などを考慮し葬儀委員長より親族の一部(立礼者)、弔辞拝受者
ほか参列者という順番に決めていきます。葬儀中に焼香のご案内ができなかった方は告別式
にて焼香をいただきます。

■ 葬儀の中で弔辞を奉呈頂く方へ依頼します。依頼する方は公的関係者、私的関係者、
社員代表などから1〜3名ほどで式の時間の都合上1人3分〜5分ほどでお願いします。
依頼する方への挨拶に関しては特にございませんが儀礼的にお伺いしご挨拶をして、当日の
式場へおいでいただく時間、控え室への案内係りの事、弔辞奉読の順序その後の流れを
説明します。また当日の交通手段などもお聞きしましょう。

■ 弔電につきましては時間の関係上、前文3通〜5通でお名前のみのご紹介は5〜10通
に省略されるのが通例です。会社に届くものあるいは故人の自宅へ届くものがございます
のでご注意ください!

http://www.honkane.com/