神葬祭 ロゴ

 神葬祭・神道の葬儀・神式葬儀のご案内

        有限会社 金子商店


 1.神葬祭とは

 仏教の葬儀、みなさんはよくご存知だと思います。お寺さんがぽんぽん木魚などを、
叩きながら読経をします。葬儀に参列した方はわけのわからない読経をききながら、
焼香をします。仏教の葬儀の目的は、故人を儀式の手法を用い、悟り、仏の境地へ
と導く事(浄土真宗は若干ちがいます)です。
 
 神道の葬儀は葬儀とはよばず、「神葬祭」と呼称します。
それは神事はすべてマツリととらえ、神職が祭事を執り行うからです。

まず、われわれが生まれたのは、神のおはからいだと考えます。神のはからいで、母
の胎内に宿ります。この世にうまれ、神のもと生活し、死によってこの世の役割を終え
ると、神の世界に帰ります。霊魂は始めは形がくっきりとしいて家族を見守りますが、だ
んだんと砂糖でできた人形のように性格も形も溶けていき、おおよそ50年で家を守る
祖霊(それい)・神霊(しんれい)に帰一します。
これを、江戸時代の神官・中西直方は
  
  日の本に生まれ出にし益人は
  神より出て神に入るなり


と詠んでいます。

 神葬祭は、故人の死を悼み、正直に悲しみ、生前の功績をたたえ、
故人の魂・霊を安心して祖霊のいる「あの世」へ送り届ける儀式です。



1.神葬祭とは
2.神葬祭の目的と方法
3.神葬祭の流れとタイムスケジュール
4.神葬祭の祭壇・飾りと名称
5.玉串奉奠の方法
6.弊社の料金
7.神棚について
8.日本人と神

上の各項目をクリックしてご覧ください


ホームにもどる
給燻q商店 2008