神葬祭 ロゴ 

 神葬祭・神道の葬儀・神式葬儀のご案内

        有限会社 金子商店


 5.玉串奉奠の方法

 必ず数珠は持たない事です。
 
たまに数珠を持ちながら玉串を捧げる方がいらっしゃいます。
 数珠は仏具ですので、神葬祭にはふさわしくありません。

 どうしても自信がない。不安でしょうがないという方は
 なるべく後列に並ぶ事です。あとは見よう見まねで玉串奉奠すればOKです。

 玉串奉奠も焼香もマナーと呼ばれる物は確かにございます。
 しかし、そちらばかりに気が取られると
 本質、故人を偲び、故人の無事を祈ることを忘れてしまいます。
 完璧なマナーで
 ”これで、はずかしくなかったか?”
 と玉串奉奠するよりは
 多少まごついても
 ”おつかれさまでした。安らかにお休み下さい。”
 と玉串奉奠するほうが
 霊璽に移された故人の御霊(みたま)も喜んでいただけます。

 
玉串奉奠 1 1)玉串を神職より受け取ります
右手は根本、左手は中程をもちます。
その際、軽く会釈をすると丁寧です。
玉串奉奠 2 2)右手を引き、玉串を体と垂直にします。
2、3歩で案の場所まで進みます。
玉串奉奠 3 3)今度は左手を根本に、右手は中程に
スライドし、奉奠の準備を整えます。
玉串奉奠 4 4)右まわりに玉串を回転させ、案に置きます。
深く二拝(二礼)し、音をたてず二拍手します。
音をたてない拍手を「しのび手」といいます。
その後一礼して終わります。


 実は神葬祭でも焼香をしたり、お線香をあげる地域もあります。
 儀式には形式も大事ですが、そういう話を聞くと
 おおらかでなにかほほえましくなります。
 

1.神葬祭とは
2.神葬祭の目的と方法
3.神葬祭の流れとタイムスケジュール
4.神葬祭の祭壇・飾りと名称
5.玉串奉奠の方法
6.弊社の料金
7.神棚について
8.日本人と神
上の各項目をクリックしてご覧ください

ホームにもどる
給燻q商店 2008