神葬祭

 神葬祭・神道の葬儀・神式葬儀のご案内

        有限会社 金子商店


 8.日本人と神

 われわれ日本人は実に多くのカミとともにありました。 
 八百万(やおよろず)の神と呼ばれる様に
 「古事記」、「日本書紀」などにお出ましになる神とは別の 
 その土地、風俗、祭礼にぴたりとあったカミがたくさんいらっしゃたのです。

 明治時代後半「神社合祀」により、おもしろいカミは
 中央集権的な神に合祀されてしまいます。
 つまり先祖代々山奥や集落で伝えられてきた宗教風俗の大半は
 失われてしまいました。

 粘菌学の権威、南方熊楠は猛然と反対運動を展開します。

 以下ご紹介できるのは代表的な神社・神ですが、
 ”6畳のアパート”にも”カミ”は降臨することができると、
 わたしは思っています。
 


 ■産土さま・氏神さま・鎮守さま

  産土(うぶすな)さまは生まれた土地の神さまです。
  氏神(うじがみ)さまは先祖代々お祀りしてきた神さまです。
  鎮守(ちんじゅ)さまは一定の場所を守る神さまです。

  現代は混沌としています。



 ■神明神社

  神明さまは広義では神さまの事
  一般的には天照大御神(あまてらすおおみかみ)の事をさします。
  神明神社のほかに
  各地の大神宮・伊勢神社・天祖神社
  は天照大御神をお祀りしています。
  三社託宣(さんしゃたくせん)の天照大御神の内容
  ○謀計は眼前の利潤たりと雖も、必ず神明の罰に当る
  ○正直は一旦の依怙に非ずと雖も、終には日月の憐を蒙る



 ■八坂神社

  須佐之男命(すさのおのみこと)をお祀りした神社です。
  イザナギが黄泉から逃げ帰り、禊をしたときに生まれました。
  暴れ放題に暴れ、高天原から追放されると
  出雲の国でころっと善神に変わります。
  ヤマタノオロチを退治し、草薙剣を献上したことは有名です。
 


 ■金刀比羅宮・琴平神社

  こちらをご参照ください


  これを和風に言い直せば、
  大物主神(おおものぬしのかみ)は大国主神(おおくにぬしのかみ)
  の和霊(にぎみたま)ということになります。



 ■諏訪大社・諏訪神社

  お諏訪さまは健御名方神(たけみなかたのかみ)と八坂刀売神(やさかとめのかみ)
  をお祀りしています。
  健御雷神(たけみみかづちのかみ)に追われて諏訪湖までやってきました。
  諏訪で八坂刀売神と結婚します。
  諏訪大社には大変変わったお祭りがあります。
  「御柱祭(おんばしらまつり)」
  境内に四本の柱をたてるのですが
  見立て→山出→里曳きと続き
  とても荒々しく死人が出る事も珍しくありません。



 ■春日大社・春日神社
  
  健御名方神(たけみなかたのかみ)のライバル
  武甕槌命(たけみかづちのみこと)が第一殿に
  経津主命(ふつぬしのかみ)が第二殿に
  天児屋根命(あめのこやねのみこと)が第三殿に
  比売神(ひめがみ)が第四殿に
  祀られています。
  三社託宣の春日大明神は
  ○千日の注連(しめ)を曳くと雖も、邪険の家には到らず
  ○重服深厚たりと雖も、慈悲の室(いへ)に赴くべし
  
  

 ■熊野神社

  熊野は黄泉の国とされ混沌とした自然
  山岳、川、海、滝、あらぶる自然
  そこは、修験道の本場となり
  熊野詣では始まりました。
  熊野神社は実は東北にも大変多い
  これは熊野詣が困難な地に”熊野さま”を誘致したからでしょう。
  熊野神社は主に家津御子神(けつみこのかみ=素盞鳴命)
  熊野速玉男神(くまのはやたまおのかみ=いざなぎのみこと)
  熊野夫須美神(くまのふすみのかみ=いざなみのみこと)
  をお祀りしています。



  ■稲荷神社

  「お稲荷さん」といえば酢飯を油揚げでくるんだ
  「おいなり」を思い出します。
  「きつね」といえば油揚げ
  わたしはずっと稲荷神社には「きつね」が祀ってあると思っていましたが、
  そうではありません。
  ご祭神は宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)で
  きつねはあくまで神の使いです。
  日本人の心に古くからある
  「山の神、田の神」は春になると山から里におり
  秋になると山へ還っていきます。
  これはきつねの行動とかさなり
  お稲荷さまの使いとしてきつねが選ばれたようです。
  稲荷神社はもともと農業神として機能していたのです。



  ■八幡宮・八幡神社

  八幡神社のご祭神は
  応神天皇(おうじんてんのう)
  神功皇后(じんぐうこうごう)
  比売大神(ひめおおかみ)
  です。
  源義家が岩清水八幡宮の社前で元服し、源氏の氏神となりました。
  さらに源頼朝が鎌倉に鶴岡八幡宮を歓請し
  武家の守護神として各地に祀られました。



  ■天満宮・天神社

  われわれの文京区にも
  湯島天神があります。
  天神様=菅原道真(すがわらみちざね)をお祀りしています。
  菅原道真は文章博士(もんじょうはかせ)
  右大臣(うだいじん)と出世コースを邁進しますが
  贖罪により、九州大宰府に左遷され
  2年後に亡くなります。
  その墓所が現在の大宰府天満宮です。
  その後、皇居に雷が落ちるなど
  都では異変が次々におこりました。
  これは道真公の祟りでは
  そこで災いを沈めるため道真公を手厚くお祀りしたのが
  現在の北野天満宮です。



  ■住吉大社・住吉神社

  住吉三神は
  底筒男命(そこつつおのみこと)
  中筒男命(なかつつおのみこと)
  上筒男命(うわつつおのみこと)
  です。
  イザナギが黄泉の国から戻り、禊をした時
  アマテラス、スサノオ、ツキヨミ
  に先立って生まれた神々です。
  それぞれ水底、水中、上面でうまれました。
  住吉神社は摂津に始まり、瀬戸内海、博多、壱岐と
  大和朝廷と大陸の海路にそって建っています。
  つまり、海上安全の守り神であったのです。



  ■えびすさま

  こちらをご覧下さい。


1.神葬祭とは
2.神葬祭の目的と方法
3.神葬祭の流れとタイムスケジュール
4.神葬祭の祭壇・飾りと名称
5.玉串奉奠の方法
6.弊社の料金
7.神棚について
8.日本人と神
上の各項目をクリックしてご覧ください

ホームにもどる
給燻q商店 2008