代々幡斎場の歴史

代々幡斎場入口代々幡斎場入口

代々幡斎場の前身は文禄年間(1592〜96)には、四谷千日谷にありました。近くの千駄ヶ谷村をへて、1664年、代々木村狼谷(「大上谷」から)に移ってきたようです。火葬をする小屋が3軒あったそうです。

「葬儀概論」著:碑文谷創(表現文化社)によれば、

1896年のデータでは、火葬率は26.8%となっています。このデーターから推測すると江戸時代の全国の火葬率は2割程度でなかったかと思われます。
とあります。それでもやはり、江戸五三昧の一つ、渋谷の火葬場は江戸辺境の地に移されたようです。

明治二十二年、市制・町村制が施行され、代々木・幡ヶ谷は合併され「代々幡村」となります。また、「東京市区改正設計」で、初めて火葬場は都市計画のなかに組み入れられ、桐ヶ谷・代々木・落合・町屋・萩新田の5ヶ所が決定されましたが、公営化はほぼ計画のみで、昭和11年唯一の都営火葬場「瑞江葬儀所」の設置にとどまります。

明治26年、東京博善の前身は代々幡の火葬場を吸収合併し、現在も鞄結梍資Pにより「代々幡斎場」として経営運営されています。平成8年に改装され、現在もとてもきれいです。私の記憶には古い頃の「代々幡斎場」があります。煙突があり、プレハブの式場は夏は暑そうでしたし、冬はとても寒そうでした。

「大理石」で「豪華」な斎場になる前の「代々幡斎場」には独特の雰囲気がありました。たしかにボロボロでしたが、「お葬式」をしているという感じは現在の「代々幡斎場」にはないものでした。

代々幡斎場のご案内 【葬儀 生花 本郷金子商店】へ戻る

金子商店問合せフォームへ 0120-18-7837までお電話ください

どんなご質問でも・どんな依頼でも・早朝でも・深夜でも
ご遠慮なさらず金子商店までご連絡ください
創業120年  本郷金子商店株式会社は365日24時間年中無休です

葬儀生花・ご供花のご注文

各斎場へご供花を FAXで注文

金子商店火葬のみセット

火葬のみの葬儀をご希望の方

あんしんセット・マイパック

あんしんとてもお得なセットです

社長のブログ

毎日更新しています

Contents

会社案内

料金のご案内

葬儀の心得

葬儀式場案内

区民葬のご案内

神葬祭

仏教について

文京区民のページ

社葬

if共済会

個人情報

お墓

リンク(感謝)